トップページ > エコロジー雑貨
エコロジー雑貨 > その他 > 【直送品】信楽焼明治型火鉢「雪丸」なまこ釉 【特価】
信楽焼なまこ釉の火鉢 > 【直送品】信楽焼明治型火鉢「雪丸」なまこ釉 【特価】
マイプレマの全商品 > 【直送品】信楽焼明治型火鉢「雪丸」なまこ釉 【特価】

信楽焼明治型火鉢「雪丸」

『なまこ釉』の見事な藍さが暖かな癒しのときを演出


信楽伝統の一子相伝の技、ここに完結

昔から、信楽焼火鉢といえば、なまこ釉。
つややかな深みのあるコバルトブルーです。

雪丸 火鉢 信楽焼

理にかなった理想の暖房器〜信楽焼伝統の技!
懐かしい「ぬくもり」があり、
美しい芸術性に富んだ明治型の形にこだわりました。

【直送品】信楽焼明治型火鉢「雪丸」なまこ釉 【特価】

商品コード : 8551
価格 : 20,520円(税込)
ポイント : 205
数量
 
送料について(お買い物ガイド)

◇◇ ご注意 ◇◇

送料について

送料は無料です。メーカー直送となります。弊社の他の商品とは全く別の計算となりますのでご注意下さい。

お支払いについて ■メーカー直送品のため、代金引換便はご利用いただけません。
■コンビニ、郵便局、銀行振り込みなど、またクレジットカード(VISA,MASTER,AMEX,DIN)にてお支払いいただくことが可能です。
ご請求書やカード利用証明は商品とは別にお届けします。
注文方法 「ダスクリン」に限りましては当サイト内のその他の商品と同時にご注文をいただけません。
送料計算などが他の商品と違いますので、お手数ですが「ダスクリン」のご注文を一旦完了いただきましてから、引き続きその他のお買い物をごゆっくりお楽しみ下さいませ。
サービス品について

■メーカー直送となりますために、通常、商品代金2000円以上でご希望頂いております梅干しやあぶらとり紙、メッセージカードなどのサービス品をおつけすることはできません。あしからずご容赦下さいませ。
■その代わりに弊社では特別に消費税相当額を弊社負担致しますので、下記の買い物かごからご用命下さい!

 

■サイズ:直径39.0cm×高さ27.0cm
■セット内容:
火箸、五徳、灰、陶土がついてきます

<ご注意>
・釉薬の性質上、温度差が生じると稀に釉の内側に細かなひび(貫入)が入ることがあります。
・ひとつひとつ手作りですので、焼き上がりの色合いなどが写真と多少異なる場合があります。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

↓ご家庭で生ゴミを炭に!家庭用生ごみ処理機「ディスポ」を詳しくご紹介↓

理にかなった理想の暖房器、雪丸

明治時代より暖房器具として重宝がられてきた火鉢。炭火で餅や芋を焼いたり、干物をあぶったり、手足を温めたり、火鉢には懐かしい「ぬくもり」があります。信楽焼き火鉢「雪丸」は当時のままの製法で作られており、信楽の良質な土の風合いと素朴な味わい、藍と淡緑の斑点が醸し出す美しい濃紺色の釉薬「なまこ釉」を使用し、美しい芸術性に富んだ明治型の形にこだわりました。

遠赤外線

陶製の器と炭から出る遠赤外線が放射状に広がり、熱放射で室内を均一に温め、身体を芯からポカポカにして温めてくれる。遠赤外線で身体の疲れを癒す。

きれいな空気

エアコンやストーブのように、ハウスダストの巻上げや乾燥がない為、空気をきれいに保ちまた、付属品の五徳にやかん等でお湯を沸かすと温かさと湿度が得られる。

有限会社丸由製陶所 神崎由嗣氏プロフィール
雪丸 火鉢 信楽焼

信楽の伝統ある窯元で、同氏で4代目である。昭和29年、高校卒業後入社。明治初期、由嗣氏の曽祖父に当たる由蔵氏が同家に養子として入り、それまでの屋号「半右エ門(かね半印)」を、自らの一文字を取って「丸由」と改めた。かね半時代からでは由嗣氏5代目にあたる。

1950年頃全国の火鉢生産高80%を誇った当時

雪丸 火鉢 信楽焼

昭和30年代に火鉢生産で隆盛を誇った伝統の焼き物ブランド・信楽。
「雪丸」はこの地で明治の技を蘇らせるがごとく誕生しました。

優雅な気品さえ感じられる仕上がりとは裏腹に、その影には、職人・神崎由嗣氏の数年に渡る時間と熱意が隠されています。

明治型と呼ばれるフォルムを再現するため、何度も何度も土を練り、顔や服を真黒にしながら藁灰と木炭を「吹掛け」し、下釉を重ね、信楽焼のシンボルカラー・なまこ釉の深い青を出しました。

いつまでも飽きることのないフォルムと深い色艶。
しかし、このすばらしい技を活かせるのは、後継者などの事情で、今は神崎氏を含むごくわずか・・・。

使用方法

セット

  • A: 火鉢本体
  • B:五徳
  • C:火箸
  • D:灰
  • E:陶土

  • 1、火鉢本体の底に陶土を敷きつめる。

  • 2、灰を入れる。

  • 3、五徳と箸をセットする。
    ※五徳は図の様にツメが上になる様に置く。

  • 4、起こした炭を火鉢本体に入れる。

  • 5、箸をセットする。

火鉢に使用する炭は、(高価ではありますが)国産の備長炭が一番おすすめです。火付きは悪いですが、一度着火すると長く持ちますし、暖かいです。 中国産のものは安価ですが、火花が飛ぶこともあるので、火鉢は不向きです。

ご注文はこちらから