農薬不使用の玄米で作った「玄米甘酒」Macrohealth®

砂糖不使用、ノンアルコール。エネルギーあふれる農薬不使用玄米をしっかり発酵したスーパードリンクです。

とろ〜んとほっこり。昔ながらの伝統食品「甘酒」は玄米から作られたエネルギーあふれる栄養ドリンク。ノンシュガー ノンアルコール 農薬不使用玄米

農薬不使用の玄米と麹だけで醸す、甘く濃厚な味わいの玄米甘酒。
ノンシュガー・ノンアルコールだからお子様も妊産婦もシニアの方にも
安心してお召し上がりいただける、スーパードリンクです。
夏は冷やして、冬は温めて、お気に入りのスーパーフードなどを入れて
オリジナルのスーパードリンクとしてお召し上がりください。

商品のストーリーはこちら



全 4 件

甘酒

甘酒ってどういうもの?

甘酒と言えば、初詣やひなまつりなどお祝い事やお祭りなどの際に振る舞われるイメージがありますよね。これは食料が少なかった時代、栄養状態が良くない子どもや病人の健康を祈願するためだったと言われています。また、夏場は食中毒を起こしやすく、薬も少なかった時代の知恵として、夏になると行商さんが甘酒を売りに回っていたようです。甘酒に含まれる麹菌や乳酸菌、ブドウ糖は、先人達の生きるためのエネルギーだったのです。

現代では甘酒といえば寒い季節に温めて飲むことが一般的になりました。温かい甘酒は体を芯から温めてくれてるだけではなく、あま〜い味わいが心もほっこりさせてくれます。でも、甘酒の高い栄養価は「飲む点滴」と言われるほどで、寒い季節だけではなく、食欲が落ちている夏バテ気味の時や産後の肥立ちが悪い時などにも活躍してくれるんです。栄養価だけではなく、麹は腸内環境にもよい影響をもたらしてくれます。
まさに甘くておいしい栄養ドリンク、甘酒。その栄養価には詳しくどのようなものがあるのでしょうか。

  • ブドウ糖:お米のでんぷんが麹菌の酵素によって糖化することでブドウ糖に分解され、甘味が出ます。甘酒の20%を占め、このブドウ糖により甘酒は飲むことで、、即エネルギーになるのです。
  • ビタミンB群:・B1・B2・B6・B12・パントテン酸・イノシトール・ビオチンなど
  • 必須アミノ酸が9種も含まれている:・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジン・トリプトファン・リシン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン

発酵食品の甘酒

日本には発酵食品が数多くあります。
味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、酢、日本酒、かつお節など・・・。温暖で湿度が高い日本はカビなどの微生物が繁殖しやすい土地柄です。そういった微生物と共存するために考えられたのが発酵食品であり、味の変化や保存性を高めたりするだけではなく、発酵により生まれる様々な栄養分は、私たちの健康にも一役買っています。
甘酒も発酵食品のひとつであり、お米と米麹を50〜60度位に保温して麹菌を働かせて発酵させています。ちなみに海外ではジャパニーズヨーグルトとしても販売されているようです。

白米ではなく、玄米がおすすめな理由

米が白いと書いて「粕(かす)」、米と健康の康で「糠(ぬか)」とはうまく言ったものです。そう、一般的に白米は、精米する際に「糠」を取り除きます。そこに含まれる胚芽には、ビタミンやミネラル、食物繊維など人間にとって必要な栄養素が微量ながら含まれています。白米は確かに食べやすいのですが、一物全体の理論に立つと、糠ごと食べる玄米はエネルギー源として空腹を満たすだけでなく、健康に役立つための栄養を漏らさずに摂れる優れた食品なんです。
そんな玄米を米麹で発酵させた甘酒は、米のでんぷんがブドウ糖に分解されるだけでなく、玄米の食物繊維の働きで糖質もゆっくり吸収されます。
また、玄米食が苦手な方にとっても、玄米の豊富な栄養素をさらっといただけるのでおすすめです。

一般に出回っている甘酒には2種類あります

■おすすめの甘酒 〜伝統的な甘酒〜お米と米麹を原料として発酵することで糖化した甘味が特徴。保温しながら時間をかけて発酵していきます。
米麹がもっているアミラーゼなどの酵素によって、米のでんぷんがブドウ糖に分解されることで、なめらかさと甘味が出てきます。発酵の過程でさまざまな栄養素が作られるので、栄養価と吸収に優れた仕上がりになります。
麹が必要になるので、昔ながらのお味噌や醤油、酒蔵などで作られていることが多いです。
甘酒は夏の季語としても使われるのですが、それは本来、この発酵タイプのものを指しています。
■注意が必要な甘酒 〜近年生まれた甘酒〜酒粕をお湯で溶いて砂糖や甘味料を加えて作っています。安く簡単にできるので、市販品の多くはこの製法です。酒粕に大量の砂糖や甘味料が添加されているので、発酵による甘酒のような効果は期待できません。また酒粕には微量にアルコールが含まれるので、お子様や妊婦さんには注意が必要です。

健康と幸せを届ける、石川県産農薬不使用のお米を使っています

美味しいだけじゃない ばんばさんが手掛けるハイレベルエネルギーとは?

BS農法(Bio Synchronic農法)
これは、生命力を高める場を創る農法です。具体的には、種子・水・土に生命力を蘇生・活性化するエネルギーを与えます。土は自然と同調する場となり、水は活性水となります。いわゆる「イヤシロチ」になるわけです。
一般的な農法では作物のための肥料として、窒素・リン酸・カリが使われていますが、作物の生育を本質的に助長するためには、生体活性エネルギーが必要です。これは、植物の細胞増殖を励起して、栄養の吸収能力を高める機能性を有します。蘇生活性化した土壌で作物を栽培しますと、気候の変化への対応性、病害虫への抵抗性が向上して、生育を促進してくれます。
BSボール(アポロセラミック)とは
特定の無機質を数種混合してセラミック化後、特殊触媒加工を行ったものを、この行程と異なった条件で3回繰り返して作り上げたものです。このBSボール(アポロセラミック)は生命活性エネルギーを吸収、放出する場となっており、エネルギー発振器のような機能を発揮します。
このエネルギーにはランクがあります。普通の物質から出ているエネルギーは次元の低いもので、生体に何の良い影響も与えません。高次元のエネルギーというのは、生命を生み育むことのできる要素を持っています。アポロ加工の触媒はそういった高次元のエネルギーを出すものです。

平成16年第33回日本農業大賞を受賞した有限会社ばんば。代表である番場睦夫さん。
さめてもおいしいご飯「ばんばのお米」>>

お手軽♪スーパーフードドリンクレシピ


ご注文はこちらから