合成保存料・合成調味料不使用 「MTR社のレトルト野菜カレー」

お家で本格的なインドカレーを食べたい方、ダイエット中の方、非常食として常備したい方にも人気です。

お家で簡単!本格派インドカレー。
カロリー低めな種類もあり、ダイエット中の方にも。

MTR社のカレーは、フェヌグリークリーフ、コリアンダー、クミンなど、
カレー好きもうなる新鮮なスパイスをたっぷりと使っているのが特徴です。
合成保存料や合成調味料は使っておらず、
安心してお召し上がりいただけます。

商品のストーリーはこちら

MTR社のレトルトカレー のご注文はこちらから↓↓
全 9 件

↓有機青梅、産地直送!奈良県吉野の青梅を詳しくご紹介↓

ご自宅で本格派インドカレー

美味しくて安心 包装の質から違うレトルトカレー

インドにあるMTR社のレトルトカレーは、化学的な調味料や保存料などを使用していません。HACCP(※1)とISO22000(※2)という衛生管理の国際基準にも適合しています。
このカレーは、MTR社とインド陸軍の研究所が協同開発したもので、陸軍の糧食には、「加熱不要である」「すぐに食べられる」「固まらない」という条件があります。包装は、高品質なアルミを使用しており、この素材をレトルト食品に使うのはとても珍しいことです。加熱時にも包装の臭いがせず、美味しさが違うのはそのためです。

※1…HACCPとは

HACCPとは英語のHazard Analysis Critical Control Pointの略称で、「危害分析重要管理点」と訳される。これは、食品の中に潜む危害(生物的、化学的あるいは物理的)要因を科学的に分析し、それが除去(あるいは安全な範囲まで低減)できる工程を常時管理し記録する方法である。そもそも、アメリカ合衆国で1960年代に宇宙開発アポロ計画の中でNASA、アメリカ合衆国陸軍 (US Army) とピルスビリー・カンパニーが1959年から構想した。1971年には、National Conference of Food Protectionで概要が公開された。現在は、これを多くの食品の安全性確保に応用している。

※2…ISO22000とは

ISOとは英語のInternational Organization for Standardization(国際標準化機構)の略で、「国際的に標準となる」の意。外国との取引がある会社だけに関係があるわけではない。ISO22000は「食品安全」のための「マネジメントシステム」で、生産から消費までのすべての段階において食の安全を守ることを目指している。食品に関係するさまざまな業種および職種が規格の範囲となっている。

信頼の高さから海外各地でも人気

MTR社は、インドのシリコンバレーとよばれるバンガロールのレストランから始まりました。 MTR社の製品は、美味しさとその品質の高さから、アメリカ、イギリス、ニュージーランド、マレイシアなどの国々でも販売されています。

カレー好きもうなる新鮮なスパイスをたっぷり

MTR社のカレーは、フェヌグリークリーフ、コリアンダー、クミンなど、カレー好きもうなる新鮮なスパイスをたっぷりと使っているのが特徴です。カロリー低めのものもあるので、ダイエット中の方にもおすすめできます。

簡単に食べられる嬉しいレトルト

お湯で温め、約5分。ご自宅でも気軽に本格インドカレーをお楽しみいただけます。他にもさまざまな場面で大活躍。ダイエット中の方、非常食として常備したい方などにもおすすめです。
バリアーニのエクストラバージンオリーブオイルをかけて食べれば美味しさに美味しさが重なり、絶品。ぜひお試しください。

電子レンジの場合
他の容器に移し替え、ラップをして2分温めてください。
加熱時間は機種、ワット数によって異なりますので、電子レンジの説明書を参考に加減してください。
熱くなった具やソースがはねることがありますので、ラップを取るときはご注意ください。
お湯で温める場合
パウチの封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ、3〜5分温めてください。 中身が熱くなっておりますので開封時には十分ご注意ください。
ご注文はこちらから