伝統「マルカワみそ」発!三大不使用「有機インスタントみそ汁」

化学調味料・酵母エキス・動物性原料不使用。天然醸造「マルカワみそ」のインスタントはダシさえ使わず深いおいしさ。


有機インスタントみそ汁

化学調味料はもちろん、酵母エキス・動物性原料も不使用。
ダシさえ使わずに出来たのは、味噌自体にしっかりとした味わいがあるから。
ベジタリアンの方やマクロビオティックを実践されている方にもおすすめです。

商品のストーリーはこちら

全 5 件
 
マルカワみそ インスタントみそ汁(ファミリーセット)
 
マルカワみそ インスタントみそ汁(ファミリーセット)(品切れ)
3,292円(税込)
 
 
インスタントみそ汁 わかめ
 
インスタントみそ汁 わかめ(品切れ)
216円(税込)
 
 
インスタントみそ汁 ほうれん草
 
インスタントみそ汁 ほうれん草(品切れ)
216円(税込)
 
 
インスタントみそ汁 豆腐&ごぼう
 
インスタントみそ汁 豆腐&ごぼう(品切れ)
216円(税込)
 
 
インスタントみそ汁 ゆずわかめ
 
インスタントみそ汁 ゆずわかめ(品切れ)
216円(税込)
 
 

↓タカハシソース有機調味料シリーズ」↓

「酵母エキス」を使っていません

化学調味料不使用のインスタントみそ汁は、スーパー等でも見かけるようになりました。しかしその多くには、従来の化学調味料の代わりに酵母エキスなどが使われています。酵母エキスは食品添加物ではなく食品に分類されているので、「無添加」と表示できますが、人工的に抽出された成分であることには変わりありません。
市販のインスタントみそ汁によく使われている化学調味料、または酵母エキスは、ダシとしてみそ汁の味を出すために使われています。もし酵母エキスさえ使わないとなると、ダシの入っていないみそ汁ということになってしまいます。
ダシは、みそ汁をはじめ、日本料理の味の決め手です。ダシの入っていないみそ汁は、「味のないみそ汁」になってしまうのでは・・・・・・? それなのになぜ、ダシを使わないインスタントみそ汁を作ったのか。その答えは、『マルカワみそ』の哲学にあります。

「食」=「人」に「良い」もの

食という文字は「人に良いもの」と書きます。それは、『マルカワみそ』が大切にしていること。少しでも「人に良い」ものを作るための、限りなく自然・天然に近い素材と製法を用いた味噌作りが『マルカワみそ』の企業理念。
インスタントみそ汁の開発にあたっても、それは変わらないことでした。だから、酵母エキスも使わずに作るという、業界初ともいえるかもしれない試みに挑んだのです。

「ダシなし」なのにおいしい!

木の桶で仕込んでいる画像
「ダシなしでもおいしく頂けました!」これは、『マルカワみそ』がお客様からしばしばいただくうれしい言葉。
『マルカワ』の味噌は、木の桶で一年熟成させて作られます。木の桶には、天然の麹菌が住み着いていて、それが独特の風味と香りをうみだしてくれると考えられています。 味噌の熟成には時間がかかります。そのため市販の味噌の多くは、部屋の温度を上げて速く熟成が進むようにして作られています。しかし『マルカワみそ』は、それでは味噌本来の味を引き出すことはできないと考えています。
一年かけてじっくり熟成させた『マルカワ』の味噌を味わうと、味噌本来の風味と力強さが感じられます。この味わいがあるからこそ、「ダシを使わない即席みそ汁」をつくることが出来たのです。味噌そのものの味を楽しめる、まさに「みそ」の「汁」=「みそ汁」。おばあちゃんちで食べた、ほっとする味・・・・・・そんな懐かしさを感じさせるみそ汁です。

味噌汁とおにぎり

天然醸造の答えは、「おいしいから」

オーガニック野菜等のイメージ
「おいしい!」がまずあり、だから「からだにいい」、そして有機やオーガニック。『マルカワ』の味噌を一度食べてみると、そのことが分かります。自然の力を最大限に生かした食品は、本来の味をしていて力強く、何より「おいしい」のです。『マルカワみそ』が天然醸造を続ける一番の理由は、そこにあるのかもしれません。


この形、長芋で固めました

インスタントスープなどでよく見かける、固形状のスープの素や具。

中身
インスタントみそ汁は通常、トウモロコシのでんぷんを使って固めているのですが、その多くがアメリカ産で、製造工程で酸化防止剤が使われています。でんぷんの製造過程で使われる酸化防止剤は、製品となったときには微量なので、食品添加物としての表示義務はありません。
しかし、『マルカワみそ』としてはこれも使いたくない・・・・・・何とか方法はないかと試行錯誤を繰り返した結果、「長芋で固める」という手法を編み出しました。天然醸造『マルカワみそ』の哲学が、ここにも貫かれています。


麦の香りと米の甘みの絶妙なブレンド

麦と稲穂

『マルカワみそ』のインスタントみそ汁に使われているのは、有機調合みそ。麦の香りと米の甘みの両方を楽しめる良いとこ取りのお味噌です。 麦の香りは、焼きたてパンの香ばしさや麦茶を飲んだときに鼻に抜けるほのかな香り・・・・・・米の甘みは、噛めば噛むほど・・・・・・麹から手作りで、材料の個性を知り尽くした職人が仕上げた、麦と米の良さを引き出す絶妙なブレンド。お椀に入れてお湯を注ぐだけで、ダイレクトに簡単に楽しめます。

インスタントだから楽しめます

「ダシなし」なのにおいしい!

お弁当やお総菜を買って、ちょっとあったかいものがほしいとき。インスタントみそ汁は大活躍です。しかもそれがひと味もふた味もおいしかったら、ご飯ももっと嬉しくなりそうです。
『マルカワみそ』のさらなる特徴は「冷めてもおいしい」こと。夏場には、このインスタントみそ汁を少なめのお湯でといて、氷を入れて冷製味噌スープならぬ、冷製みそ汁で楽しむのもおすすめです。

毎日楽しめる4つの味わい

集合
毎日いただきたいお味噌汁。でも毎日作るのは結構大変だし、具材もワンパターンになりがち。そんな時も、マルカワみその『有機インスタントみそ汁』を。4種類からその日のメニューや気分に合わせて選べます。


わかめ
具材はわかめ、油揚げ、青ネギ。
木桶の香りもほのかに感じさせる、丁寧に作られた味噌の味を素直に味わえます。白いごはんと、焼き魚やひじきの煮付けなど、和食の総菜が食べたくなります。


ほうれん草
具材は、ほうれん草、わかめ、油揚げ、青ネギ。
甘い卵焼きとごはん、青菜の胡麻和えなどが合いそう。毎日食べても飽きのこない味わい。「ちゃんと食べてる!」そんな安心感があります。


豆腐&ごぼう
具材は、豆腐、ごぼう、わかめ、油揚げ、青ネギ。
ごぼうの香りがふわっと口の中に広がって、また違った味わいが楽しめます。豆腐の食感や味もしっかり。オムライスやピラフのお弁当など、味の濃いものや、洋風のメニューにも合いそうです。


ゆず&わかめ
具材は、ゆず、ほうれん草、わかめ、油揚げ、青ネギ。
ゆずの香りがさわやか。毎日いただくものだから、変化があった方が楽しいですよね。おにぎりはもちろん、サンドイッチにもいけるかも。今日はちょっと気分を変えたい!というときにピッタリです。