塩・水以外、全オーガニック。タカハシソース有機調味料シリーズ

合成添加物不使用。ただの有機じゃない。素材と味を追求した調味料で食卓に安全安心のおいしさを。

食を気遣うなら、調味料もオーガニックで。子どもも大好き!ソースやケチャップ……合成添加物は、もういらない。だから、タカハシソースの有機シリーズ。
オイルのオーガニックは珍しくなくなりましたが、
ソースやケチャップなどの調味料となると……
市販品の表示をチェックしていると不安でいっぱい。
たかはしのソースのオーガニックシリーズは、
有機JAS認証の原料を使用、合成添加物は一切不使用です。
そしてなによりおいしい! 食卓を楽しく彩ってくれます。

商品のストーリーはこちら

タカハシソース有機調味料シリーズ のご注文はこちらから↓↓
全 10 件

↓タカハシソース有機調味料シリーズ」↓

たかはしソースの調味料は、原料の確かさと、おいしさが売りです。

安心5箇条

1できる限り国内産、そしてオーガニックの原料
まずは国産のオーガニック・特別栽培野菜を優先し、仕入れがむずかしい場合は海外のオーガニック原料を使用しています(オーガニックシリーズの調味料については、すべて有機原料を使用しています)。
2ISO2200、有機JAS認証を取得
JAS ISO2200とは、HACCP(ハセップ。ハザード分析重要管理点)の食品衛生管理手法を取り入れ、消費者へ安全な食品を提供するためにつくられた国際規格です。有機JAS認証とは、農薬や化学肥料に頼らずに自然界の力で生産された食品を証明する認証制度です。
3おいしさを追求
実際に目と舌で確かめた原料を買い付けしています。また適地適作(その土地によくあった作物をつくること)も大切にしています。
4地球温暖化への配慮
フードマイレージに着目し、できる限り地産地消を目指しています。国内で仕入れがむずかしい原料も、輸送に伴うエネルギーを削減するのが目標です。
※フードマイレージとは……食料の輸送に伴う環境負荷をできるだけ少なくしようと地産地消を提唱した考え方。産地から食卓への距離が長いほど、排出される二酸化炭素量が増え、環境に負荷がかかると考える。輸送距離が短いとフードマイレージが小さくなり、距離が長いとフードマイレージは大きくなる。
5フェアトレードへの配慮
原料を海外から輸入する際、フェアトレードを大切にしています。
※フェアトレードとは……途上国でつくられた作物や製品を、適正な価格で継続的に取引をすることで、生産者の生活を支えるシステム。

ソースづくりは、原料選びからはじまります。

野菜

野菜

信頼のおける農家から、有機栽培、特別栽培農産物を仕入れています(オーガニックシリーズについては、すべて有機栽培農産物を使用しています)。
野菜

砂糖

喜界島の粗糖、多良間島の黒糖を使用。どちらの島でもともに、糖度の高い良質なサトウキビができます。ハブが生息していないため、殺鼠剤を使用する必要がありません。
酢

有機葡萄酢、有機米酢、有機スピリット酢を使用。イタリア、ドイツ、アルゼンチン、アメリカなどが原料産地です。
醤油

醤油

国産大豆、国産小麦を原料とする再仕込み醤油を使用しています。再仕込みとは、麹を仕込むときに塩水のかわりに醤油を使う方法です。仕込みを2度繰り返し醸造するので、濃度、うまみ、風味が豊かでまろやかに仕上がります。

先代の思い出の味からはじまったソースづくり

先代の思い出の味からはじまったソースづくり 先代の思い出の味からはじまったソースづくり
昭和初期、創業者・高橋専蔵(せんぞう)氏は、東京の米問屋に丁稚奉公していました。住んでいた上野界隈には洋食屋が点在していて、お金が入ると洋食屋に通い、そのおいしさに感動していました。
その後、戦争がはじまりますが、無事、故郷埼玉県本庄市に帰ってきました。故郷に帰ってきても、東京で食べたソースの味が忘れられなく、「みなさんにおいしいソースを知っていただきたい」という思いで、自分でソース屋をはじめることにしたのです。
カントリーハーベストシリーズ・ストーリー

カントリーハーベストシリーズ・ストーリー

二代目の高橋博志会長が入社したのは昭和46年。合成甘味料など合成添加物の発がん性などが問題になった時代です。レイチェルカーソン氏や有吉佐和子氏の『複合汚染』などが話題となり、公害問題が出現しました。
これをきっかけに、「安全性」を重視し、化学調味料、着色料、保存料、甘味料などの食品添加物を一切に使わないソースづくりを開始。その後も、有機栽培の原料を使用するなど、より自然なものづくりのために改良を重ねてきました。
タカハシソースのソース・ケチャップ・ドレッシングは、自然の恩恵に感謝しながら野菜やくだものを生産する人の思いを、ギュッと詰め込んだ愛情あふれる商品なのです。

本当のおいしさは、安全のもとにつくられます。

合成添加物は必要ない

調味料、たとえばソース。本来、たくさんの野菜や果物を手間ひまかけて煮込み、香辛料を加えて熟成させることで深い味わいが出るものです。タカハシソースの有機調味料シリーズ、「オーガニックカントリーハーヴェスト」シリーズは、まさにそういった本来の作り方を大切にした“野菜と果物たっぷり”な濃厚さを醸し出す味わいです。
そこに、合成添加物による刺激的な味付けや、とろみ、色付けの入る余地はありません。不自然な甘み、質感、色みには注意が必要です。おいしさは簡単に調合できるものではなく、シンプルな食材から手間ひまかけてつくり出されるものなのです。
市販の調味料の原材料表示を見ると、聞いたことのない、難しい名前が並んでいることがあります。たとえば「たんぱく加水分解物」、キッチンでソースを作ったとして、使うことがあるでしょうか。
家庭の台所にないような“何かよくわからないもの”が入っているものには近寄らないこと。それが、家族や自分の健康を守ってくれるかもしれません。原材料をしっかりチェックし、本物を見分け、ぜひ本当のおいしさと出会ってください。

原材料はどこで収穫されたもの?

調味料の原材料に使われている野菜や果物。市販品の多くは、どこで収穫されたものなのかわからない状態で、多量の農薬が使われている可能性も否定できません。
タカハシソースの製品に使われている原材料の野菜や果物は、産地が明確です。「オーガニックカントリーハーヴェスト」シリーズでは、塩と水以外はすべて有機認証の原材料を使用しています。

タカハシソース・オーガニックカントリーハーベストウスターソース原材料

タカハシソース・オーガニックカントリーハーベストウスターソース原材料

原料の産地の他、有機で育てられたものとわかります。調味料もシンプルでわかりやすいものしか使用していません。

[原材料]
有機野菜・果実(アメリカ産、他)、有機醸造酢(ドイツ産、他)、有機砂糖(ブラジル産、コスタリカ産)、食塩(中国産)、有機醤油(国内産)、有機香辛料(アメリカ産)

市販の中濃ソース原材料

市販の中濃ソース原材料

野菜や果物などの原料の産地は不明です。また、ぶどう糖果糖液糖、酵母エキス、たん白加水分解物など化学的につくられた添加物が使用されています。

よく使われる合成添加物の一例

果糖ぶどう糖液糖 甘みを加えます。砂糖は、体内でブドウ糖と果糖のふたつに分解され吸収されます。果糖ブドウ糖液糖は最初からブドウ糖と果糖に分かれているので吸収が早く、血糖値の急上昇を招くといわれます。
たんぱく質加水分解物 うまみ成分。濃厚で強い味を作り出します。製造過程で塩酸を使用する場合があり、その場合、副産物として塩素化合物が発生するおそれがあります。
カラメル色素 着色料。
調味料(アミノ酸) 味を調整します。表示に「アミノ酸等」とある場合は、「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」「table-アラニン」「グリシン」などのアミノ酸系のものです。アミノ酸系以外の「核酸」なども入り、何種類入れても表示する義務がなく、実際にどれだけの添加物が入っているのか確認することができません。
増粘多糖類 粘性を加えます。植物や海藻からの抽出の他、さまざまな種類があります。