美しいサンゴが生んだ宮古島、海の恵『雪塩』

余計なものは一切入れず独自の製法で作り上げた、海をまるごと感じるお塩。

ふわふわサラサラ・・・雪のように美しい
宮古島の明るい海を感じるお塩です

宮古島の明るい海を感じるお塩です

雪のように淡く柔らかな食感にやみつき。
凝縮されたサンゴの恵とともに駆け抜ける宮古島の海風。
ひとふりで明るく楽しい気持ちがはじけます。


商品のストーリーはこちら

雪塩 のご注文はこちらから↓↓
全 10 件

↓宮古島の海、珊瑚礁の恵を凝縮したミネラル豊富な雪塩『雪塩』を詳しくご紹介↓

雪塩ってどんなお塩?

宮古島ならではの海水

宮古島ならではの海水
サンゴ礁の広がる美しい海に囲まれた宮古島。この島自体もサンゴが隆起してできたといわれており、琉球石灰岩と呼ばれる地層が島の下にあるのが特徴です。
琉球石灰岩は硬い岩ながら無数の穴があいているスポンジのような構造で、天然の「ろ過装置」といえます。ここを海水が通ることにより、不純物を取り除くと同時にサンゴの持つカルシウムが溶け出した地下海水となります。
雪塩は、宮古島の地下の特徴を活かした海水だからこそ生まれたお塩です。

当たり前のことを大切に

「海水の成分」をそのまま残したお塩を作りたい・・・!そんな想いから作られた雪塩は、宮古島の海の豊かな恵をそのまま凝縮し、ナトリウム、マグネシウムなどを含んでいます。 
世界食品オリンピックとも称される「モンドセレクション」では、2006年から3年連続で金賞受賞しました(2006・07年は金賞、2008年は最高金賞を受賞)。これも、味はもちろんのこと、安全面・衛生面を始めとするあらゆる面での品質へのこだわりがあったからこそです。

モンドセレクションとは?
「世界食品オリンピック」とも称される、1961年ベルギーで始まった世界的権威のある品評会のこと。審査基準は、衛生、味覚、包装、原材料などの項目で、それぞれを点数化し、合計点に応じて確証が出品者に授与される仕組みです。 
3年連続でゴールドメダル以上を受賞すると、高い品質を常に維持してきたとして、トロフィーが授与されます。これを「国際優秀品質賞」といいます(インターナショナル・ハイクオリティトロフィー)。

雪塩ができるまで

雪塩の製塩の流れ
工程1 取水

地下から海水をくみ上げます。雪塩の原料となる海水は、地下約20mの位置からくみ上げられています。海から直接ではなく地下からくみ上げるのは、島を形作る琉球石灰岩が天然のフィルター代わりとなることで、地下に染み込んだ海水をろ過してくれるからです。しかも、元がサンゴの琉球石灰岩なので、カルシウムをはじめとする成分が地下海水に染み出しているといわれます。これが宮古島ならではのサンゴの恵を含んだ海水です。

工程2 地下から採取した海水を濃縮する

くみ上げた海水は「海水淡水化装置」という機械に通し、塩分濃度をあげて濃くします。この機械は、雨量の少ない地域などで海水から水を取り出すために使われるものなのですが、雪塩の製法では、真水が取り除かれた後の海水(濃縮海水)を塩作りに利用しています。通常の製塩法では、海水を煮詰めるなどして塩分濃度を上げるのですが、雪塩の製塩法では、煮詰めることで蒸発してしまう分の水も有効活用できるので、資源の無駄も少なくなります。

工程3 塩を作る

雪塩の作り方はとてもシンプルです。たとえるならば、あつくした鉄板に濃縮海水を吹き付けて、海水中の水分を蒸発させ、鉄板に粉末状の雪塩を誕生させるという方法です。この製塩法ではニガリを残すことができるので、海水の成分バランスをなるべく保つことができます。海水の成分に近い雪塩は、真水に溶かすとそのまま魚が生活できる海水になるほどです。ニガリというと苦いイメージがあるかもしれませんが、ある一定の温度で製塩することにより、とてもまろやかな口当たりの塩に仕上がります。

一般的なお塩のつくり方
(1)海水をくみ上げ、釜で加熱し、水分を蒸発させます。
(2)煮詰めていくと水分が抜け、海水は塩とニガリに分離していきます。
(3)ニガリを取り除き、塩だけを採取。これが製品となります。

※ニガリとは? 製塩時に海水から塩分と水分を抜いて抽出された液体のことで、おもな成分はマグネシウムやカリウムなどです。

雪塩 Q&A

雪塩の顆粒タイプはどのように作られているのでしょうか?

雪塩の顆粒タイプは、雪塩に水を練り込んで、より使いやすいように顆粒状に加工したものです。加工の際、水以外のものは一切混ぜられていません。採塩までの製塩工程は雪塩と同じです。雪塩製品は、「自然のままの成分バランス」が最大のテーマであり、人為的に成分比率を変化させるなど、自然の品質を変えるようなことは行っていません。


「雪塩」と「雪塩顆粒タイプ」の違いは?
「雪塩顆粒タイプ」は、顆粒状にしたことで、湿気にくく使い勝手が良くなっています。顆粒タイプの方が濃縮され塩味が強くなりますので、一般的な塩と同じ程度の分量でお使いいただけます。

雪塩が湿気てしまいましたが、使えますか?

湿気た製品も安全性に問題はありません。
雪塩は一般的な塩よりもマグネシウムが多く含まれているため、空気中の水分を吸収しやすくなります。湿気を防ぐためには、冷蔵庫または冷凍庫保存をおすすめしています。湿気てダマになったものを食用として使うことに不安がある方は、バスソルトとして入浴時にお使いいただくこともできます。

 
雪塩に賞味期限はありますか?

塩は時間が経っても腐敗、変色するものではないので賞味期限はありません。ゴミなどが混入しないように保存していただければ、期限を気にすることなく問題なくお使いいただけます。
塩は、食品衛生法やJAS法では、賞味期限の表示をしなくても良い食品とされています。塩は腐敗に対して効果を持つものとして、昔から長期保存用の塩漬け食品などで活躍してきました。


雪塩おにぎり
雪塩でおにぎりがうまく作れません。
雪塩は粒子が細かいので、手に塩をつけてから握る一般的なおにぎりの作り方では、塩が手から流れ出てしまい、お米に塩味がつきません。雪塩でおにぎりを作る場合は、酢飯を作る要領で、はじめにお米に塩を混ぜ込み、それから握っていただくと、とてもおいしい雪塩おにぎりが出来上がります。おにぎりを握った後に、雪塩の顆粒タイプをふりかけるという方法もおすすめです。
ご注文はこちらから