トップページ > お風呂ケア・デンタルケア > 天然由来の入浴剤「桧水(ひのきすい)」

天然由来の入浴剤『桧水(ひのきすい)』

お肌にやさしく、リラックスできる天然素材100%の入浴剤です。


まるで森林浴のような気分!
天然成分の素晴らしさと爽やかな香り


桧水

ヒノキ

『桧水』は、台湾檜と青森ヒバの天然木から摘出した精油をベースにして、造られた純天然入浴剤です。 天然成分の素晴らしさと、桧の爽やかな香りを、ご家庭で簡単にお楽しみいただけます!

植物由来の入浴剤『桧水』は、天然成分にビタミンCを配合、お肌に優しい入浴剤です。もちろん合成界面活性剤、合成香料・色素は一切使用していません。天然桧の精油の香りで、お風呂に入りながらまるで森林浴をしているような心地よさ。循環式の24時間風呂にも使え、残り湯は洗濯にも使用できて、とても経済的です。



商品のストーリーはこちら

天然由来の入浴剤「桧水(ひのきすい)」 のご注文はこちらから↓↓
全 2 件

↓天然由来の入浴剤「桧水(ひのきすい)」を詳しくご紹介↓


とってもナチュラルな入浴剤・『桧水』

東京大学医学部元教授、健康科学研究所所長
医学博士・大津正光

日本人の風呂好きは有名です。それだけ湯のもたらす効果は、自然のうちに人々に評価されているのでしょう。植物のもたらす香りは、生理的かつ心理的にも重要なファクターといえます。

お風呂で心身ともにリラックス。身もココロも温まる瞬間ですね。しかし、昔とは異なり、経済が発展し化学物質が身の回りに氾濫する今、入浴剤の安全性も問われています。約8割の方がなんらかの入浴剤を使って、お風呂に入っているといわれていますが、市場で売られている入浴剤のほとんどは、合成界面活性剤・合成香料・合成色素などの化学物質で作られています。

タール色素は石油製品から作られているものもあり、科学構造上、発ガン性や催奇形性(胎児に障害をもたらす毒性)の疑わしいものが多く、これまで発ガン性が明らかになって食品添加物としての使用が禁止されたものも少なくないのです。

「ヒノキ」および「ヒバ」からヒノキチオールという天然成分がとれます。これは昔から抗菌、消臭、防虫、防カビ作用があることで知られています。なおかつ100%天然成分なので、常用しても副作用がありません。

桧が世界文化遺産の法隆寺を1300年もささえた実績は世界一

皆さんご存知の20年に一度遷宮する伊勢神宮の大木は長いこと台湾製の桧が使われてきました。残念ながら国産の桧は樹齢が若くヒノキチオールがありません。ヒノキチオールはもともと台湾製の桧から発見されたもので『桧水』はその台湾製の精油を配合してあります。

「桧水」は天然ヒノキの成分にビタミンC、シソの葉エキスなど天然成分だけを配合、身体にも環境にもやさしいナチュラルな入浴剤になりました。

『桧水』世界一周へ旅立ち!

「世界一周クルーズが楽しめる日本最大級の豪華客船『飛鳥』のジャグジーに『桧水』が採用されました!

ここが知りたい!『桧水』Q&A

question 入浴液が衣服等についた場合シミになりませんか?
answer 生地の種類によってはシミになるかもしれません。もし衣服にこぼした場合は、裏布をあて水を含んだ布で叩いてください。乳化剤を使用していますので簡単に落ちます。間違っても油ジミにはなりません。

question 封を開けたらいつまでもちますか?
answer 成分上、腐敗や酸化がしにくい商品ではございますが、保存料を使用しておりませんので、開封後はなるべくお早いめにご使用ください。
沈殿・分離等が生じる場合がありますが、これは天然原料を使用した場合の特徴とも言えます。その場合でも成分的には問題がありませんので、よく振ってからご使用ください。開封のまま放置することは避けてください。香り成分が揮発しますので香りが薄くなります。

question 混合して良くないものはありますか?
answer 天然物であれば何を混ぜても問題ありませんが、常識的に身体に悪いもの、あるいは皮膚に異常をきたすものは避けてください。

question 原液を飲んでしまった場合は大丈夫ですか?
answer 飲料品ではありませんので絶対飲まないでください。万が一間違って飲んだ場合は、出来れば吐き出させるか、多めに水を飲ませてください。配合原料を見ればお解りのとおり、安全な原料のみですので身体に異変をきたすような心配はありません。乳化剤も植物系の食品用を使用しております。

question 植木にかけてもよいですか?
answer 植木に使用する場合は、1O倍位に薄めて使ってください。ただし、植物も微妙な生き物ですので全ての植物にいいとはいい切れません。
ご注文はこちらから