備長炭・木酢液のお香

天然素材、天然精油を使用、紀州備長炭木酢液入りのお香です。

新しいタイプの“室内環境浄化材”です!
お部屋が天然の爽やかな香りに包まれます

おすすめ!使えば使うほどにその素晴らしさに驚きを隠せません。
この品質でこの価格はありえません。良心的な商品でお気に入り。

紀州備長炭木酢液入りお香
紀州備長炭木酢液入りお香

商品のストーリーはこちら

備長炭・木酢液のお香 のご注文はこちらから↓↓
全 9 件

↓備長炭・木酢液いりお線香・お香『備長炭・木酢液のお香』を詳しくご紹介↓

かつて炭の煙が日本に満ちていた頃・・・

備長炭・木酢液のお香

炭やきの煙が途絶えて・・・

かつて日本の山林では年間200万トン以上の炭が焼かれていましたが、 昭和32(1958)年以降、エネルギー革命で海外から安価な石油・石炭・天然ガスが輸入されるようになり、木炭の需要が激減。国内生産量も最盛期の10分の1に落ち込んでいます。 実は、日本の秋の風物詩・炭やきの煙が影を潜めた頃を境に、猛威をふるい始めたのが花粉といわれています。その因果関係 をうらづける学術的な調査データは完全ではないものの、炭やきの煙が途絶えて花粉の問題が増えたという説もあるようです。

木酢液の効果

木酢液は炭焼きの煙のエキスを濃縮した液体です。室内で燻蒸すると、木酢液に含まれる約300種の成分が、複合的に作用すると考えられます。 木酢液に含まれるポリフェノールの作用は、炭の権威・岸本定吉博士によって研究されています。

お香に木酢液を入れると?

梅薫堂の“木酢液入りお香”は、お香の持ち味であるアロマテラピー効果に、紀州備長炭の窯から採取した木酢液の作用を取り入れた、新しいタイプの“室内環境浄化材”です。
室内に立ちこめる天然の芳香は、心身に穏やかなリラクゼーション効果をもたらします。発売後2万人を超えるご愛用者様からも、さまざまな効果があったとのお声を頂いています。

お部屋の空気をリフレッシュ

アロマテラピーですが、香りは心を安らかにし、健康に良いとされています。確かに線香には香木<沈香・白檀>や漢方薬、香水が香料として使用されています。ただし天然素材、天然精油を使用しなければ効果は期待できません。梅薫堂では天然素材にこだわりつづけております。また健康に寄与する製品として、紀州備長炭燻蒸効果 室内再現法の開発に成功しました。
お部屋の空気をリフレッシュし、紀州備長炭と同じくさまざまな効果があると考えられるお香です。



体験談


ご購入いただいたお客様から寄せられたお声を紹介させていただきます。

お手数をおかけしました。とても効果があるように思われます。追加分・・・備長炭麗を3箱お願いします 今回初めてお香を使ったので、他のものはわかりませんが、かおりもきつすぎず大変落ちつく香りで気に入りました。他の種類もチャレンジしてみたいと思います。 毎日たいています。おかげさまで気持ちも安らぎました。すっきりした気分です。これからもすづけてゆきたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。 朝夕2回、お仏壇にお線香をあげるのですが、森の香りを使ってからその部屋の空気がきれいになっているのを感じます。また湿気も取れているような気がしますので今後もずっと、愛用してゆくつもりです。
神戸に住む娘の家にもプレゼントして喜んでもらってます。
今年はお医者さんに行かなければダメかな、と思うほどのひどい状態でした。しかしお香のお陰で ほっとしております。水を得た魚のような気持ちです。ありがとうございました。 良い香りなので驚きました。ナチュラルの他にもいろいろな香りがあるようなので、今度注文したいと思います。特に綺麗香は気に入りました。備長炭にはまっています。水・お風呂・ご飯などに入れています。とにかくサイコーです。 前回のナチュラルは花粉で困っている娘に送りました。今年は例年より軽いみたい、といっております。
人がたばこを吸いますのでにおいが取れるとよいですね。線香やお香は一日中たく方が良いのでしょうか?
室内の空気が綺麗になったような気がしました。毎日続けて使用しています。効果があると思います。
主人が花粉で困って使っております。リラックスすることが出来るので、夜は必ずお香をたくようにしております。 他のメーカーで買ったものより香りが一番気持ちよいです。毎日香をたいていたいと思わせます。 花粉によく効き、家の中での生活は快適に過ごせるようになり感謝しております。 香りが柔らかで鼻がすっきりする感じです。


木酢液のすすめ

炭焼きの会名誉会長 岸本定吉(雑誌『炭の力』2001年2月号より)

雑誌『炭の力』
こんな雑誌です。

二月の風が吹きはじめると、必ず花粉で困る人が現れます。ヒノキ林の造林が多い地域にこの声を聞きますが、ヒノキの花粉を研究している研究者は、障害の少ない品種の開発に努めているようです。

そういえば30年ほど前、筆者も木酢液の還元性について研究していました。木酢液にはビタミンCに相当する還元性があることを知り、専門誌などに寄稿しましたが、近年、花粉が話題になりだしたので、改めて木酢液と花粉の関係について注目していたところです。

そんな折り、兵庫県淡路島の梅薫堂から発売されている消臭香が花粉に特効があり、広く市販されているというはなしを耳にしました。成分には紀州備長炭抽出液、天然植物抽出エキス、活性炭、微香料などが含まれています。製品の主体は備長炭粉末にすぎ炭粉を混入し、加圧・成型したもの。同社は老舗の線香メーカーとして知られていますが、木酢液の特性を生かした製品として消臭香の特許を出願しているそうです。

さて、これまでどうして花粉が目立たなかったのでしょうか。この原因の一つに、戦前の日本の木炭生産量は年産200万トン(現在は3万トン)もあり、全国の山林に木酢液が充満していたということが考えられます。木酢煙は消臭性がおおきく、10万倍に薄めても消臭性があります。

かつて筆者が炭焼き試験をしていた頃(1941年)、木炭年産は200万トンで、全国津々浦々に炭の香気が拡散していたのです。



紀州備長炭・木酢液の4大効果

(1) 環境浄化
紀州備長炭木酢液は燻蒸によって消臭など室内を清浄にする効果があります。
(2) 悪臭対策
天然植物からの抽出物が約200℃で拡散し、悪臭を包み込み対応します。
(3) 快適な空間を創造
爽やかな自然の香り、煙の少ないお線香ですので、残り香もなく快適な空間を創造します。
(4) 残り香を防ぐ
残りの灰にも消臭効果が持続し、ご仏前のお供え物への残り香を防ぎます。
熟練した職人が 目をかけながら製品は作られています!

製造元・梅薫堂では、今も熟練した職人が目をかけながら、
製品は作られているのです・・

ご注文はこちらから