COCOWELLのココナッツ食品&スキンケア
食品

人と地球に優しいココナッツの無限の可能性を求めるココナッツ専門店「ココウェル」がお届けします

人と地球に優しいココナッツの無限の可能性を求めるココナッツ専門店「ココウェル」がお届けします

オイルと言えば「酸化」がつきものですが、飽和脂肪酸が92%という
ココナッツオイルの最大の特長は、酸化にとても強いこと。

非加熱のバージンココナッツオイルは、ローフードにぴったり。
精製過程にこだわったプレミアムココナッツオイル揚げ物や炒め物に。
目的にあわせて選べるココナッツオイルや各種ココナッツ食品で
家族みんなが笑顔になるお料理のレパートリーをさらに広げてください。

COCOWELLのココナッツ食品&スキンケア
ココウェルとはココナッツ専門店「ココウェル」とは
ココウェルトップページ
ココナッツオイル&食品ローフードに!各種ココナッツ食品
ココナッツオイル&食品
スキンケアスキンケアやマッサージに!
ココナッツオイル スキンケア
 
全 20 件
 
ココウェル ココナッツミルクパウダー 300g
 
ココウェル ココナッツミルクパウダー 300g
2,160円(税込)
 
 
ココウェル ココマヨネーズ 150g
 
ココウェル ココマヨネーズ 150g
864円(税込)
 
 
ココウェル 無添加 リキッド ココナッツオイル 280g
 
ココウェル 無添加 リキッド ココナッツオイル 280g
2,592円(税込)
 
 
ココウェル 有機エキストラバージン ココナッツオイル エクスペラー 225g
 
ココウェル 有機エキストラバージン ココナッツオイル エクスペラー 225g
1,944円(税込)
 
 
ココウェル 有機エキストラバージン ココナッツオイル エクスペラー 360g
 
ココウェル 有機エキストラバージン ココナッツオイル エクスペラー 360g
2,592円(税込)
 
 
 
ココウェル プレミアムココナッツオイル460g
 
ココウェル プレミアムココナッツオイル460g
1,027円(税込)
 
 
ココウェル 18本セット プレミアムココナッツオイル500ml
 
ココウェル 18本セット プレミアムココナッツオイル500ml
16,445円(税込)
 
 
ココウェル ココナッツファイバー250g
 
ココウェル ココナッツファイバー250g
1,026円(税込)
 
 
ココウェル 6個セット ココナッツファイバー250g
 
ココウェル 6個セット ココナッツファイバー250g
5,540円(税込)
 
 
ココウェル ココナッツシュガー250g
 
ココウェル ココナッツシュガー250g
919円(税込)
 
 
 
ココウェル ココナッツシュガー1kg
 
ココウェル ココナッツシュガー1kg
2,592円(税込)
 
 
ココウェル デシケイテッドココナッツ (ファイン)200g
 
ココウェル デシケイテッドココナッツ (ファイン)200g
508円(税込)
 
 
ココウェル デシケイテッドココナッツ (ロング)200g
 
ココウェル デシケイテッドココナッツ (ロング)200g
508円(税込)
 
 
ココウェル 12個セット デシケイテッドココナッツ (ファイン)200g
 
ココウェル 12個セット デシケイテッドココナッツ (ファイン)200g
5,476円(税込)
 
 
ココウェル 12個セット デシケイテッドココナッツ (ロング)200g
 
ココウェル 12個セット デシケイテッドココナッツ (ロング)200g
5,476円(税込)
 
 
 
ココウェル ココドレッシング オニオン 180ml
 
ココウェル ココドレッシング オニオン 180ml(品切れ)
864円(税込)
 
 
ココウェル ココドレッシング ごま 180ml
 
ココウェル ココドレッシング ごま 180ml(品切れ)
864円(税込)
 
 
ココウェル ココドレッシング レモン 180ml
 
ココウェル ココドレッシング レモン 180ml(品切れ)
864円(税込)
 
 
ココウェル エキストラバージンココナッツオイル スティック(食品)10g×10包
 
ココウェル エキストラバージンココナッツオイル スティック(食品)10g×10包(品切れ)
1,728円(税込)
 
 
ココウェル エキストラバージンココナッツオイル 436g
 
ココウェル エキストラバージンココナッツオイル 436g(品切れ)
3,240円(税込)
 
 

↓COCOWELLのココナッツ食品&スキンケア − 食品を詳しくご紹介↓

40度以下で低温圧搾!エキストラバージンココナッツオイル

100%無精製・添加物不使用の食用バージンココナッツオイル

低温圧搾&無精製、甘い香りの食用エキストラバージン「エキストラバージンココナッツオイル」

多くの方々からのご要望にお応えして、100%無精製・無添加の食用バージンココナッツオイルがついに登場しました。

南国フィリピンで管理栽培されるココヤシからとれた生のココナッツ果肉を40度以下のコールドプレス法(低温圧搾法)で丁寧に圧搾。ミルク分が分離&熟成する「時間」と「温度」にまでこだわりぬいた、ほのかに甘いココナッツの香りのする高品質エキストラバージンオイルです。天然の中鎖脂肪酸を豊富に含み、体内ですぐに燃焼するので脂肪になりにくく、人の母乳にも含まれるラウリン酸が豊富。ラウリン酸は免疫力を向上させると言われ、海外には毎日スプーン2杯のココナッツオイルを飲む習慣がある地域もあります。

低温圧搾で抽出したローフードにぴったりのバージンオイル

低温圧搾(コールドプレス)の良いところ
料理

大量生産されている安価なオイルは、ヘキサンなどの溶剤で抽出され、精製や脱臭などの工程を経て無色透明な食用油として販売されています。その工程では元来オイルに含まれているカルシウムやマグネシウムなどの栄養素が、長期保存する目的で取り除かれてしまいます。また溶剤がオイルに残り体内に悪影響を及ぼすこともあります。同時にトランス脂肪酸も発生します。

一方、低温圧搾で搾り出したオイルは、大量生産には不向きでコストも高くなりますが、栄養素がそのまま残り、溶剤等を使わず自然のままなので、安心してお使いいただけます。ココナッツオイルは酸化安定性が高いので長期保存にも問題ありません。

ローフードとは
ローフード

ローフード(raw food)とは、生の野菜や果物、海草などの食材をできるだけ生に近い状態で食べる食事法で、美容や健康を目的としています。

食物は過熱すると酵素やビタミン、ミネラルといった栄養素が失われてしまいがちです。加熱せずに生で食べることによって栄養素を効率よく摂取することができ、また免疫力の向上や、ダイエット効果、デトックス効果、体脂肪減少などが期待でき、常習的な体の不調も解消されると言われています。

熱に強い!酸化安定性の高い健康オイル

ココナッツオイルは酸化安定性が高く、熱を加えても劣化がほとんどない体にやさしいオイルです。また、中鎖脂肪酸の割合が高いため体内で燃焼しやすく、脂肪として体に溜まりにくい燃焼系ダイエットオイルとしても注目されています。

酸化安定性の秘密は植物性の飽和脂肪酸

酸化安定性が高く熱に強いのがココナッツオイルの大きな特長ですが、それはココナッツオイルが植物性油脂には珍しく飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。

油脂は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。飽和脂肪酸は分子構造が安定しているため、酸化に強く劣化が起こりにくいという特徴があります。ココナッツオイルは、90%以上が飽和脂肪酸なので、非常に安定した劣化しにくいオイルなのです。

不飽和脂肪酸は酸化に弱い性質を持っています。一般的に料理に利用されるオイル(油脂)の脂肪酸組成は以下のようになっています。

主要食用油脂の脂肪酸組成

ほとんどの植物油は、不飽和脂肪酸の占める割合が高いのに対し、ヤシ油(ココナッツオイル)は90%以上が飽和脂肪酸で非常に安定したオイルです。

そもそも飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸って何?

脂肪酸は炭素原子が鎖のように繋がっており、その「炭素の数」や「つながり方」によって脂肪酸の性質が異なってきます。炭素の数の多さで分類されるのが「短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸」という分類です。それに対して「つながり方(二重結合があるか無いか)」によって分けられるのが「飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸」という分類です。

下の図は、ココナッツオイルに45%〜50%含まれるラウリン酸、オリーブオイルに70%〜80%含まれるオレイン酸、大豆油やコーン油に50%以上含まれるリノール酸の分子構造です。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

この二重結合があるのが不飽和脂肪酸で、二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼びます。二重結合が1つもないものが飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸に見られる二重結合の結びつきは非常に不安定なので、酸素がその繋がりを外し、炭素と結びついてしまいます。これが脂肪の酸化です。オイルが変質して腐ってしまうのもこの酸化が原因です。このように不飽和脂肪酸は酸化しやすいという弱点があります。

脂肪を燃焼する中鎖脂肪酸
料理

エキストラバージンココナッツオイルには天然の中鎖脂肪酸がたっぷり含まれています。中鎖脂肪酸は母乳や牛乳などの脂肪分にも3〜5%含まれる天然成分で、1960年代から未熟児の栄養補給など医療用途にも活用されてきたオイルです。健康志向の高まりの中、オイルも体にいいものが求められ、中でも中鎖脂肪酸は注目されるようになりました。

オイル(脂肪)は体内に摂取すると、エネルギーとして燃焼されるか、中性脂肪として体内に蓄積されます。一般の植物油に多く含まれる「長鎖脂肪酸」は、体に吸収された後、リンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、分解・貯蔵しますが、「中鎖脂肪酸」は分子がより短いため近道をし、肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、すでについた脂肪までも効率よく分解・燃焼されます。

一般のオイルと比べてココナッツオイルが優れているのは、この「エネルギーとして燃焼」される効率がとても良い点です。中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べて消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速く、中性脂肪になりにくいとされます。そのため欧米ではダイエット素材・健康素材として急速に普及しています。また、スポーツ選手・病中病後の方の栄養補給にも利用されています。

エネルギー代謝の流れ
飽和脂肪酸と中鎖脂肪酸の関係は?

オイルを構成する脂肪酸には「短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸」や「飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸」という分類があり、非常に複雑ですが、関係は以下のようになります。

飽和脂肪酸と中鎖脂肪酸の関係

短鎖・中鎖の脂肪酸はすべて飽和脂肪酸に属し、長鎖脂肪酸は飽和と不飽和に分けられることがわかります。

コレステロールゼロ、トランス脂肪酸ゼロ

「飽和脂肪酸」というと、摂り過ぎると動脈硬化の原因となるコレステロールやトランス脂肪酸を指摘されがちです。コレステロールは動物性の飽和脂肪酸に多く含まれますが、ココナッツオイルはこれをまったく含みません。また、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、同じく動脈硬化や心臓疾患の等のリスクがあると言われるトランス脂肪酸(TFA)も含んでいません。

トランス脂肪酸は、水素添加された硬化油や精製植物油、加工油脂などで発生します。デンマークでは2004年に工業用トランス脂肪酸を脂肪の2%以内にする法律を施行、アメリカ・カナダでも表示義務が課され、カリフォルニア州では飲食店などでトランス脂肪酸(TFA)を全面規制する州法が成立するなど、世界で規制の動きが広がっています。

日本でも、2011年になり消費者庁からトランス脂肪酸の含有量表示に関するガイドラインが発表され、セブン&アイグループがトランス脂肪酸を使った製品を排除すると発表するなど、トランス脂肪酸の摂取を抑制する動きが起こっています。

炒め油・揚げ油に理想的!サクッと軽くいつまでもおいしい
炒め油・揚げ油に理想的!サクッと軽くいつまでもおいしい

通常、オイルは熱を加えると酸化が促進され、劣化が進行します。そのため、揚げ物をすると数回で酸化臭がし、油臭くなります。酸化したものを摂取することは体の活性酸素を増加させ、健康にも良くありません。しかし、ココナッツオイルは熱に非常に強く、酸化しにくいという特徴があります。そのため、高温で調理する炒め物や揚げ物には最適のオイルと言えます。

炒め油・揚げ油に理想的!サクッと軽くいつまでもおいしい

揚げ物では非常に軽く揚がり、揚げた後もべとべとすることなくいつまでもサクッと美味しくいただけます。また炒め物でも無味・無臭でくせもなく、洋食から中華・和食まで幅広くお使いいただける使いやすいオイルです。

普段の炒め物からバターの代替など工夫次第で使い方いろいろ
普段の炒め物からバターの代替など工夫次第で使い方いろいろ

エキストラバージンココナッツオイルは普段の炒め物や揚げ物、またバター、マーガリンの代替としてご利用いただけます。パンケーキやデザートなど、甘いココナッツの風味を活かした使い方も広がります。ちょっとした隠し味に新たな発見が見つかるかもしれません。

ココウェルは、お客様のご要望に合わせた二種類の食用ココナッツオイルをご用意しています。

炒め物・揚げ物など毎日のお料理にどんどん使える健康オイル「プレミアムココナッツオイル」
炒め物・揚げ物など毎日のお料理にどんどん使える健康オイル「プレミアムココナッツオイル」

お客様の声:あんぽんママさん(40代女性)

パン好きなんだけど、マーガリンは日本ではまだまだトランス脂肪酸が含まれている油脂ばかりなのよね〜。だから私はいつもプレミアムココナッツオイルに少々の塩をまぜたものを小皿に入れて、それにちぎったパンを浸しながら食べております。とっても美味しいよ!

ココナッツの定番!果肉を乾燥させた無漂白フレーク

水分を3%以下に抑えた高品質感想ココナッツ ココナッツの果肉そのままの美味しさを

デシケイテッドココナッツ(Desiccated Coconut:乾燥させたココナッツ)は、成熟したココナッツ果肉を乾燥させて削ったフレーク状の食材です。サイズによってココナッツファインやココナッツロング、ココナッツフレーク、チップなどとも呼ばれています。

水分を3%以下に抑えた高品質感想ココナッツ ココナッツの果肉そのままの美味しさを
ヨーロッパの有機認証「ECOCERT」を取得した乾燥ココナッツ

ココウェルのデシケイテッドココナッツは香料や防腐剤といった添加物を一切使わず、漂白も行っていません。ヨーロッパの有機認証「ECOCERT」を取得した乾燥ココナッツを100%使用しております。

水分はたった2.6%

乾燥ココナッツの品質の基準の一つとされる水分量を、3%以下の2.6%に抑えました。また68〜72%が一般的な油分も64.5%に抑えました。サクサク感がより一層引き立ちます。

豊かなココナッツの風味と心地よいシャリシャリ感

クッキーやケーキ、パンなど、その生地に混ぜても、仕上げに振りかけてもOK。味のアクセントにご使用いただけます。

ココナッツの定番!果肉を乾燥させた無漂白フレーク
ココナッツの定番!果肉を乾燥させた無漂白フレーク

お客様の声:ゆめちゃん(40代女性)

オーガニック 無漂白に魅かれての購入でしたが焼菓子にすると味も良く大満足です。

食物繊維と必須アミノ酸がたっぷり!ヤシ粉でおなかいっぱい

栄養価の高い食材として見直された副産物 果肉の搾りかすから生まれた100%天然素材

搾りかすを粉末状にしただけの100%天然の「ヤシ粉」です。

高い価値を生み出した副産物
デシケイテッドココナッツ(ファイン/ロング/チップ)

ココナッツファイバー

ココナッツファイバーは、ココナッツの白い果肉部分からバージンココナッツオイルやココナッツミルクを搾った後の搾りかすを粉末状にしたものです。

もともとこの搾りかすは、廃棄されたり家畜のえさとして安価に販売される程度で、現地の生産者には利益をもたらす原料ではありませんでした。しかし、食物繊維が豊富であったり、必須アミノ酸のバランスが良いことなどがわかり、今では健康食品やパン、クッキーの原料として現地でも利用され、生産者の生活を支える貴重な原料となっています。

デシケイテッドココナッツとは違います

ココナッツロングやココナッツファインなどとも呼ばれる「デシケイテッドココナッツ(desiccated coconut)」は、果肉をそのまま乾燥させて様々な大きさにカットされたものです。ミルク分や油分もそのまま含んでいます。

それに対してココナッツファイバーは、ココナッツの果肉からバージンココナッツオイルやココナッツミルクを搾り出した後の搾りかすを粉末にしたものなので、脂肪分が取り除かれており、食物繊維が凝縮されています。

食物繊維はおからの3.5倍! お腹すっきり&お腹いっぱいダイエット

美肌もダイエットも腸内環境から。毎日の食習慣で体をキレイに。

大さじ一杯だけでレタス1.8個分の食物繊維!
ココナッツファイバーの栄養成分

ココナッツファイバーの栄養成分

食物繊維とは、栄養素ではないが体内で有益な働きをすることから「第6の栄養素」と呼ばれる成分です。大豆の搾りかす、「おから」の中にも豊富に含まれると言われていますが、ココナッツファイバーに含まれる食物繊維は「おから」の約3.5倍!現代の日本の食生活では不足しがちな食物繊維を、1日当たり大さじ1杯で手軽に補えます。

腸内環境はお肌に表れるもの。天然の食物繊維を日々の食生活に取り入れ、からだの中からキレイになりましょう。

ココナッツファイバー100gの中に、食物繊維が約40g含まれています。食物繊維の1日当たりの目安摂取量は20〜25gと言われていますが、現代の平均的な日本人は約14gしか摂取できていません。大さじ1杯(約15g)のココナッツファイバーに含まれる食物繊維はなんとレタス1.8個分!毎日1杯分ずつ食べることにより、不足している食物繊維を補うことができます。

お腹の中で膨らむので満腹感が得られます

ココナッツファイバーのもうひとつの特長は、「体内で約3倍に膨らむ」ことです。体内で水分を吸収して膨らみ、それによって満腹感を感じることができます。過食防止になりますので、ダイエットにもなるのです。

体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含有 必須アミノ酸もちゃっかりチャージ

美肌もダイエットも腸内環境から。毎日の食習慣で体をキレイに。

大さじ一杯だけでレタス1.8個分の食物繊維!
ココナッツファイバーのアミノ酸含有量

ココナッツファイバーのアミノ酸含有量

ココナッツファイバーには、体内では合成できない「必須アミノ酸」もバランスよく含まれています。必須アミノ酸とは体内で作ることのできない成分で、「アミノ酸の桶」というたとえがあるように、それぞれをバランスよく摂取しないと体内で有効利用されません。

アミノ酸は体をつくる材料となりますが、不足すると古いアミノ酸で細胞などを作ってしまうことになり、肌荒れや肝機能の低下などを引き起こす可能性があります。健康な体をつくる基となる必須アミノ酸をココナッツファイバーで効率的に補給できます。

※アミノ酸の桶とは
必須アミノ酸はバランスよく摂取しないと有効利用されないことを例えたものです。桶板それぞれをアミノ酸にたとえ、ひとつの桶板の背が低い(含有量が少ない)とそれ以外の桶板がいくら高く(含有量が多く)ても一番低い桶板のところから水が漏れてしまうことからそう呼ばれています。

食物繊維と必須アミノ酸たっぷりのお腹の中で膨らむ「ヤシ粉」
食物繊維と必須アミノ酸たっぷりのお腹の中で膨らむ「ヤシ粉」

お客様の声:tmさん(30代女性)

ココナッツファイバーは初めて食べました。香りがとってもよくて、いままでココナツの香りは苦手だと思っていましたが、本物のココナッツの香りは素晴らしい!大好きな香りになりました。ファイバーは水とオリゴ糖シロップを入れていただきました。アイスクリームみたいで、美味しいです。いや、アイスクリームより好きかも。体にもよいようなので、罪悪感なく食べられるのもいいですね!

お客様の声:KUMIさん(40代女性)

体の調子が良いような気がします。ヨーグルトに入れて食べるのが、今は一番食べやすいです。他の使用方法も順番に試していきたいです。

低GIでミネラル豊富なココナッツの花蜜糖

もちろん無添加・無着色 ココナッツの花蜜をじっくり煮詰めて作りました
ココナッツ農家の貴重な副収入

ココナッツに下の写真のような薄い黄色の花が咲くのをご存知でしょうか?

ココナッツの花

ココナッツの花

この花が咲く前の「花苞」と呼ばれる部分の先端を少し切断すると、蜜が流れ出てきます。その切り口に竹筒を当てて蜜を集めます。1本の木から半日で0.5L〜1Lほどの蜜が取れます。 この蜜をココナッツ農家自らが伝統の方法でじっくりと煮詰めていくと、ココナッツシュガーが出来上がります。生産量が天候に左右されやすいという問題はあるものの、今では多くのココナッツ農家にとって貴重な副収入源となっています。

ちなみに、この花蜜をさらに自然発酵させると現地で「トゥバ」と呼ばれるヤシ酒ができます。さらに発酵させると酢になり、ココナッツビネガーとして近頃フィリピンでも人気です。

※フィリピン・ココナッツ庁がココナッツシュガーのGIに関する研究結果を発表して以降、ココナッツシュガーの価格が高騰しました。この新発見は糖尿病は高血糖に苦しむ人々の健康だけでなく、100万ものココナッツ農家の生活をも変えることができるだろうと見られています。

香ばしくてうまい!料理やコーヒーにもGOOD!
ココナッツシュガー

ココナッツシュガー

見た目は茶色く黒糖によく似ています。味は香ばしいやさしい甘さで、黒糖ほど癖もなく、このまま食べても、コーヒー・紅茶に入れても、お菓子や煮物などでもお使いいただけます。

欧米でも注目! 低GI値でミネラル豊富な体にやさしい天然糖
体にやさしい低GI

現在フィリピンを始め、先進国でもココナッツシュガーの需要が徐々に増えてきています。その理由のひとつが「グリセミック・インデックス(GI)の低い天然糖」であることです。通常のブドウ糖がGI値100であるのに対し、ココナッツシュガーは35と天然糖の中でも極めて低い数値です。

肥沃な土壌と美しい海水から吸い上げた豊富なミネラル

ココウェルのココナッツシュガーは、フィリピン南部のミンダナオ島のココナッツ農家が生産しています。美しい海と火山地帯の肥沃な土壌で育ったココナッツから摂れるココナッツシュガーは、ミネラル分が豊富です。

低GIでミネラル豊富。香ばしくて美味しいココナッツの花蜜糖
低GIでミネラル豊富。香ばしくて美味しいココナッツの花蜜糖

お客様の声:O.K.さん(60代女性)

無添加の自然食品は安心していただけます。

ご注文はこちらから