フローラ・ハウスの選りすぐりサプリメント

カナダ・フローラ社の『フロー・エッセンス+』『ウドズ・オイルブレンド』、ドイツ・サルス社の『フローラディクス』ほかフローラ・ハウス社の選りすぐり健康食品

健康のために欠かせないことを追求していたら、
とってもシンプルなひとつの答えにたどり着きました。

それは、心とからだの「きれい」を心がけること。

きよらかな心身で豊かな自然の力にふれたとき、
内なるエネルギーに満ちたあなた自身の意志によって
真の健やかさと美しさが実現されるのです。

「このエッセンスを待っている人がいる・・・」その想いひとつで、不可能を可能にした女性がいました。
命のはかなさを意識したときに触れた、植物の力。一切合財をかき出すかのように、浄化されていった彼女の内面。

曇りひとつない瞳で彼女が見つめる視線の先には、自然の恵みを信じた人々の笑顔と、支え続ける家族の愛があります。

自らの人生をかけて、「健康をデザインしたい」。

ひとりの女性の限りない情熱とともにスタートしたのが、『株式会社フローラ・ハウス』の限りないチャレンジです。


フロー・エッセンスとの出会い

大石芳子
2010年3月
株式会社フローラ・ハウス(旧社名:健康デザイン) 代表
大石芳子

植物の力を信じてきた、10年でした。

皆様に支えられて、おかげさまでフローラ・ハウスは、2010年に10周年を迎えることが出来ました。皆様からこれまでに賜りましたご支援とご鞭撻に心より感謝申し上げます。

46歳のときに大病を宣告された私は、忠実に治療を受けていたにもかかわらず、数年後に再発しました。これを期に病院とは訣別し、「自分の命は自分で守らなくては」という強い自覚が芽生えました。

カナダのフローラ社まで飛んでいって、「フロー・エッセンス」を輸入する代理店になりたいと申し出たのは、自分の体の叫びでもあったと思います。自分の命がかかった起業でもありました。

「フロー・エッセンス」をきっかけに出会えたフローラ社は、植物の偉大な力を信じ、心身ともに健康でなければ真の健康とはいえない、と「心身の浄化」を基本理念に据える、非常に誠実な企業です。そんなフローラ社の製品を日本で扱えることに、私は心から誇らしく感じております。そして、そのすぐれた製品の数々を皆様に自信をもってご紹介できることにも至福を感じております。

これからも、「自分の健康は自分でデザインしよう」(旧社名の由来です)という初心を忘れず、皆様と共に歩んで参りたいと願っております。

今後ともご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

商品のストーリーはこちら
フローラ・ハウス > ウドス・オイルブレンド のご注文はこちらから↓↓
全 3 件

↓健康をデザインを詳しくご紹介↓


   

カナダ・フローラ社の健康食品



MSM
最近、歳のせいだとあきらめることが増えていませんか?
MSM

MSMに含まれるイオウは、体の機能を支える大切なミネラル。イオウ温泉が健康維持に優れた効果があることは広く知られていますが、このイオウを有機態で含む物質がMSMなのです。

また、MSMはコンドロイチンやグルコサミンに比べて分子が小さく、すみやかに吸収されるのも特徴です。

「MSMの奇跡」の著者であるジェイコブ博士、ローレンス博士は、「MSMは食品よりもはるかに安全であることが毒性試験の結果分かった」と述べています。また、厚生労働省は、2001年3月、「医薬的効能効果を標榜しない限り、食品と認められる成分本質リスト」に有機態イオウを収載しました。つまり、有機態イオウMSMのきわめて高い安全性が認められたことを意味します。

「MSMクリーム」には、MSM成分に加え、デビル・クロー(ゴマ科)とアルニカ(キク科)の天然ハーブエキスを配合しました。また、マジョラム、タイム、シナモン、ゴールデンシール、ラベンダー、ローズマリーなどのハーブエキスを、天然の保存料として使っています。さらに、尿素を配合することで肌を柔軟にし、有用成分をいっそう浸透しやすくしています。

「MSMクリーム」は、満足できるボディケアクリームです。


ビヨンド・グリーンズ
ビヨンド・グリーンズ一袋に、大地の恵みがたっぷり。ウド博士が選んだ約50種類の植物と90種類の栄養素

「ビヨンド・グリーンズ」は有機栽培された野菜、ハーブ、穀類、種子、海藻をバランス良く配合した植物パウダーです。

身体の働きを整える微量元素が豊富に詰まっています。ミネラル60種類、ビタミン16種類、アミノ酸12種類、必須脂肪酸2種類がスプーン1杯で手軽に補給できます。人間の体を健康に保つには炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維が必要ですが、「ビヨンド・グリーンズ」を摂取することにより、自然の植物から幅広い栄養素を簡単に補給できます。

「ビヨンド・グリーンズ」に含まれる植物群は、栄養学の世界的権威であるウド・エラスムス博士によって厳選されたものです。
「ウドズ・オイルブレンドオメガ3&6」大さじ1、「ビヨンド・グリーンズ」1包に約30mlの黒酢を混ぜると、必須脂肪酸と植物栄養素をたっぷり摂れるパワードリンクになりますのでお試しください。


ベジ・シリカ
骨までよろこぶミネラル補給
ベジ・シリカ
「ベジ・シリカ」の原料であるスギナは、研磨剤として使われるトクサ科の植物で、特に春に芽生えたスギナには豊富なシリカが含まれています。

「カルシウムが充分でも、シリカが不足していれば、丈夫な身体はつくれない。むしろカルシウム不足でもシリカがたっぷりあれば、身体は丈夫になる」との研究発表が近年注目されています。

あまり知られていませんが、シリカ(二酸化ケイ素)はからだの組織に極めて重要なミネラルです。丈夫な身体をつくりあげる接着剤のような役割をしています。シリカはコラーゲンをサポートする役目を果たします。

成人で1日あたり10〜40mgのシリカが消耗されていますが、食品に含まれる量は少なく、加齢とともに吸収されにくくもなります。シリカを最も豊富に含む植物はスギナ(ホーステール)で、「ベジ・シリカ」には、吸収力に優れた植物性シリカが使われています。

また、「ベジ・シリカ」は化学薬品や化学溶剤を使わず、水だけでスギナから抽出されたシリカを使用しています。水によるシリカの抽出は、フランスのルイ・ケルブラン教授が開発した製法で、フローラ社では、この安全な抽出法にこだわっています。

スギナをそのまま乾燥させて、粉末あるいは錠剤にした製品は数多く出回っています。しかしスギナの植物体全部を体に取り込んでしまうと、チアミナーゼという酵素も同時に吸収してしまい、これが人体に含まれているチアミン(ビタミンB1)を破壊してしまう危険を持っています。

OPC
Alive Magazin 最優秀健康食品賞
ベジ・シリカはカナダの健康雑誌「Alive Magazin」(月刊23万部発行)が毎年選手する、最優秀健康食品賞を受賞しています。
2000年銅賞 / 2001年銀賞 / 2002年銀賞

生化学者 ルイ・ケルブラン教授

生化学者 ルイ・ケルブラン教授

フランス内務省の労働衛生局部長やパリ大学の名誉教授を歴任。1949年にシリカを含む微量元素の研究を始め、化学薬品や化学溶剤を使用しないで、水だけでスギナからシリカを抽出することに成功し、特許を取得。

1975年にノーベル賞の生理学医学賞の候補になりました。ケルブラン教授の唱えた「元素転換(原子転換)」という理論は、生物の体の中で、ある元素が、体内で必要とされる他の元素に転換されるというものです。


OPCグレープ+
ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上の還元力
OPCグレープ+

「OPCグレープ+」はフランスのボルドー大学名誉教授ジャック・マスケリエ博士が開発したOPC(オリゴメリック・プロアンソシアニジン)に、ビルベリー・エキスとクランベリー・パウダーを加えた強力な還元力のあるサプリメントです。

これまでお届けしていた〈ブドウのタネから抽出したOPC〉から〈ブドウまるごとから抽出したOPC〉に変わりました。
とても水に溶けやすいため、吸収されやすいOPCポロフェノールの特徴はそのままです。

ポリフェノールのトリプルパワーとして

ポリフェノールのトリプルパワ


OPC研究の第一人者 ジャック・マスケリエ博士

ジャック・マスケリエ博士 フランス・ボルドー大学の名誉教授。松の樹皮やブドウの種子を高純度に抽出して還元物質「OPC」を発見。OPC研究の第一人者として知られ、「マスケリエOPC」を開発。フランス健康省は、高品質のOPCを供給するため、ブドウ園を特定し、OPCの製造を管理しています。

「マスケリエOPC」は、薬用OPCの製造を許可された、フランスで唯一の施設(ISO9002取得)で製造されています。

フローラ社のフロー・エッセンス+

昨日よりも今日、今日よりも明日をきれいに生きるハーブエッセンス


有害物質が健康に及ぼす影響
フロー・エッセンス+

私たち人間は、あらゆる地球環境の恩恵を受けて生きています。しかし、連日のように地球環境問題に関するニュースは絶えることがありません。この背景には、私たちの身近な生活環境が有害物質に汚染され、健康被害を受けているという実態があります。地球環境が汚染されているということは、私たちの体内環境もその影響を同じように受けているのです。

いくら質の高いビタミンやミネラルなどの栄養素をとっても、水銀、カドミウム、鉛、ヒ素などの『有害ミネラル』、あるいはダイオキシンなどの『有害化学物質』などといった有害物質を体内にためこんだままでは、十分に吸収されず、細胞まで届かないということも、最近の研究で明らかになってきているそうです。

北米先住民・オジブア族が受け継いできたエッセンス
北米先住民オジブア族

『フロー・エッセンス+(プラス)』は、カナダのフローラ社が製造しています。

このハーブティーの最大の特徴は、4000年以上も前から北米の先住民のオジブワ族が受け継いできた製法に基づいて作られている点です。

7種の原料自体はそれほど珍しいものではありませんが、ブレンドされた原料の相乗的な働きは非常に高く、いまや、世界30カ国以上で愛飲され、高い評価を得ています。

様々な健康上の問題は、自然との調和が乱れ、心と身体と魂のバランスが乱れた結果。「調和」と「バランス」を取り戻すことができれば、より安らかな健康が実現される。そのように考えていたオジブア族の人々の、人間らしい生き方と知恵、受け継がれてきた叡智の数々には、私たちが必要とするエッセンスがふんだんに詰まっています。

このハーブティーはきっと、あなたの命の耀きをより強く、美しいものにしてくれることでしょう。

心身の「きれい」を支える7つのハーブの力

フロー・エッセンス+の原材料は、野生ゴボウの根、ヒメスイバ、アカニレ、アカツメクサ、キバナアザミ、ケルプ、クレソンの7種類のハーブです。

野生ゴボウの根 ヒメスイバ アカニレの樹皮
野生ゴボウの根 ヒメスイバ アカニレの樹皮
ビタミン、ミネラルが豊富。とくに根には、イヌリンが含まれています。イヌリンは、可溶性繊維の一種です。 ビタミン、ミネラルが豊富。料理の酸味づけや、チーズづくりの凝固剤としても用いられることがあります。 デンプン、タンニンを含みます。消化管の中でゼリー状になる性質があります。

アカツメクサ キバナアザミ ケルプ
アカツメクサ キバナアザミ ケルプ
クローバーの一種。ハーブにもパイプ用ブレンドたばこにも使われてきました。ポリフェノールの仲間、フラボノイドを含みます。 タンニンを含み、軽い苦みがあります。古くから日々の健康を助けるとして、食べられてきました。 ヨウ素、カリウムをはじめ、多くのミネラルを含む海藻です。

クレソン
クレソン

これらのハーブはいずれも、決してめずらしいものではありません。

しかし、フロー・エッセンス+は、オジブア族が長い時間をかけ試行錯誤を繰り返しながら4000年以上も飲み継いできたお茶がもとになっています。材料の選択、そしてその材料の調合割合には彼らの長い歴史が生かされています。

野生種を除くハーブはすべて国際品質保証機関(QAI)の厳格なガイドラインをクリアしており、「自然との共生」を原点にしたフローラ社の自社農場で大切に育てられています。

微量ミネラル、ビタミンA、B1、B2、C、Eを多く含む、栄養豊富な野菜です。

ウドズ・オイルブレンド オメガ3&6

正しいオイルの知識があなたを健康にする


不要なものは、オイルを使ってとりのぞく
ウドズ・オイルブレンド オメガ3&6

私たちは日々、さまざまな物質を体外から取り込みますが、身体が正常に機能するうえで必要とされない物質のうち、油に溶ける性質のものは、体脂肪に溜め込まれてしまう傾向があります。そのため、その60%が脂質である脳も、そういった不要物のたまるところであるといえます。約60兆個もの人間の細胞の膜は油でできています。

ウドズ・オイルブレンドを開発したウド・エラスムス博士は、若いころ、身体が思うように動かず重度の体調不良に陥ったときに、いろいろな植物のタネから搾ったオイルが自らの健康を支えることに気づきました。その経験を元に、「オイルと健康」というテーマがライフワークとなったウド博士は、「粗悪な食用オイルの摂取は、健康のためには避けるべきだが、タネの栄養を豊富に含んだ正しいオイルをオメガ3とオメガ6の理想的なバランスで摂ることは、健康を維持するうえで不可欠だ。」と言います。

「正しいオイル」を適切なバランスで

もっとも健康に貢献するオイルは必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6であり、その摂取比率は2:1がよいとされます。

人の体内ではつくることができない必須脂肪酸は、生命維持に欠かせない栄養素です。必須脂肪酸が欠乏すると、さまざまな不調を招くことになります。

健康になる「正しいオイル」とは、原料がもっている有用成分をしっかり保ち、化学物質をいっさい添加せずにつくられているものを言います。原料がオーガニックであることと同時に、「どのように製造されているか」ということも見落としてはならない非常に重要なポイントです。低温で搾った未精製のオイルには、体内環境のバランスを調整する働きや、身体に不要なものを減らし、欠かせないものを増やす働きがあります。

フレッシュな野菜ジュースからビタミンやミネラルを摂るように、種子から必須脂肪酸をたっぷり補給。「不要なものは油で流す」というあなたの新習慣を、良質のフレッシュオイルがしっかりとサポートします。

ウドズ・オイルブレンドの原材料

原材料は、国際品質保証機関(QAI)の認証を受けたカナダ・フローラ社の自社農場で農薬や化学肥料を使わずに栽培し、厳しい品質管理基準のもとに使用されています。

ウドズ・オイルブレンドは、亜麻仁(フラックス)を主原料に、ひまわり、ごま、米胚芽、米ふすま、オーツ麦胚芽、オーツ麦ふすま、ココナッツオイルに含まれる中鎖トリグリセリド、月見草油、大豆レシチン、天然ビタミンE(トコトリエノール)をブレンド。オメガ3とオメガ6を、2:1という最適なバランスで含んでいることも大きな特長のひとつです。

ウドズ・オイルブレンドの原材料

また、栄養を壊さない製造方法と、劣化・酸化を防ぎ鮮度を保つ品質管理により、必須脂肪酸はもとより、ビタミンやミネラルなど、原材料のさまざまな栄養も生きています。

QAI QAIは、持続可能な農業を目指してつくられたオーガニック製品の価値を認証する機関です。
フローラ社はオーガニック農作物の生産者、加工業者の両方で認証を得ています。

フローラ社との出会い

心身の浄化と向上を目指して

1965年の創業以来、「浄化」をメインテーマに掲げるフローラ社(Flora Manufacturing and Distributing Ltd.)は、排出性の高いハーブの研究と実用にかけて、世界でもトップを争うメーカーのひとつです。

現在、カナダのブリティッシュ・コロンビア州と米国のワシントン州にオフィスと最先端機能を備えた工場を持ち、自社農場や世界各地の契約農場で農薬や化学肥料を使わず安全に育てられるハーブを原料に、確かな製品づくりにつとめています。


フロー・エッセンスを通じて人々の心に癒しと安らぎを
フローラ・マニュファクチュアリング&ディストリビューティング社 CEO(最高経営責任者) トーマス・グレイザー
フローラ・マニュファクチュアリング&ディストリビューティング社
CEO(最高経営責任者) トーマス・グレイザー

フローラ社の名を一躍有名にしたのは、かつて『インディアンの秘草茶』として細々と伝承されてきた特別なお茶でした。

アメリカ先住民のオジブア族に代々伝わる秘草茶が奇跡的な癒しの力をもたらすことを確信したフローラ社代表のトーマス・グレイザー氏は、オジブア族の伝承を絶やさないためにも、そして多くの人を救うためにも、この伝統のお茶を世に広めていく決意をしました。

フローラ社の真摯な取り組みにより、その秘草茶は「フロー・エッセンス」として製品化され、いまや、カナダの健康雑誌「Alive」が毎年発表する、最優秀健康食品賞を何度も受賞するほど確固たる評価を得ています。

「その働きは心身の健康に大きく貢献します。気持ちを落ち着かせ、安らぎを与えるという癒しの作用も持っています。植物のやさしい力が、苦しみをトータルで癒してくれるのです。日本にも、フロー・エッセンス・プラスの名称でお届けできるようになり、たいへん嬉しく思っています。」

と、トーマス氏。

人々が心身ともに健やかで、心ゆたかな生活を送ることができるよう、フローラ社は食生活を通して奉仕したい、と静かに語るトーマス・グレイザー氏の言葉には、植物がもつ偉大な力を疑うことのない、敬虔で、ゆるぎのない想いが込められています。

『心身の浄化と向上』を使命に掲げるフローラ社は、心身ともにトータルなケアを行うことで、人々は根本から癒されるという信念をもっています。自然の恵みである植物の力を最大限に引き出してつくられた健康食品を開発することで、フローラ社は世界中の人々の健康と幸せに寄与したいと願っています。

 


世界40カ国で愛用されている、メディカル・ハーブのトップ・ブランドです

フローラ社の製品はすべて設備から処理方法に至るまで、米国食品医薬局が定める規則やカナダ保健省の監督基準に従っており、医薬品と同じレベルの厳しさで健康食品を製造しています。また、フローラ社は国際品質保証機関(QAI)によって認証されたハーブ生産者、製造加工業者でもあり、収穫から保管、製造、製品の包装に至るまで、一切の化学薬品が加わえられていないことが証明されています。

Alive Award カナダ健康食品協会 最優秀製造業者賞受賞 QAI
多くのフローラ社製品は、カナダを代表する健康雑誌「alive」が毎年選出する最優秀健康食品賞を数多く受賞しています。 2002年、フローラ社はカナダの非営利組織「カナダ健康食品協会」より最優秀製造業者賞を受賞しました。 QAIは、持続可能な農業を目指してつくられたオーガニック製品の価値を認証する機関です。フローラ社はオーガニック農作物の生産者、加工業者の両方で認証を得ています。

「自然との共生」それがフローラ農場の原点

フローラ社のハーブ製品は、国際品質保証機関(QAI)の厳格なガイドラインをクリアし、農薬や化学肥料を使わずに栽培した原料から作られています。

その原料となる作物を栽培するフローラ社の農場は、カナダとアメリカの国境沿い、リンデンという地にあります。80エーカーにもおよぶ広大な農場では、約130種類のハーブや野菜、穀物が植えられ、豊かな土壌、清らかな水、澄みきった空気と三拍子そろった環境の中で、のびのびと栽培されています。こうして植物が秘めている大自然のパワーを最大限に取り込んで、品質の高い安全な作物が育てられているのです。

この農場の責任者であるジョン・マックロードは、カナダの農家に生まれ、メディカルハーブ栽培のベテランです。フローラ農場の管理だけでなく、各国にコンサルタントとして招かれ、また専門者会議でさまざまな研究成果を発表しています。

ジョン・マックロード

長年、土と共に働き、作物を育てあげてきたジョンは、大木のこぶのような無骨な手で、まもなく土に植えつけるというハーブの苗を大切に包み込みながら話します。

生命力は抜群に強いハーブ

「ハーブは何千年もの歳月を生き延びてきたから生命力は抜群に強い。だから害虫や病気には弱くない。それでも私が心がけているのは、苗を植える場所を計画的に変えるということ。こうすると虫が作物に卵を産みつけにくくなる。たとえ、害虫が土の中で越冬しても、春になって寄生しようと思っていた植物がそこになければ、食べ物がないから他へ移っていくんだ。」

農薬や殺虫剤なんて必要ない。人間も虫も生態系の一部。虫は鳥たちの餌だし、景色の一部だよ。退治しようと思わずに、虫たちと共生し、自然をあるがままに受け入れて作物を育てることが大切なんだ。自分がミミズだったらと考えれば、畑の土にしてあげることはおのずと分かってくるよ。農業は柔軟な頭で、リラックスして取り組むこと。それが何より一番大事なことだね。」

澄みきった青空のもと、綿々と続く畑を誇らしげに説明するジョンの温和な顔、頑丈な姿は、この大地でかつて自在に生きていた先住民の言葉を思い出させます。

『植物が存在しなければ我々も存在しない。植物が吐き出したものを我々は吸って生きているのだから。我々は植物から学び続ける』


クオリティの高さがフローラ社員の誇りです

高い品質を維持するため、フローラ社では独自のチェックシステムを導入して、生産工程を管理しています。品質管理部の責任範囲は広く、原料の選定から製造工程、保管中や輸送中の温度・湿度の管理にいたるまで、厳しく目を光らせています。

公的機関の基準をクリアした原料であることはもちろんのこと、たとえコストが高くなったとしても、「よりよい品質のためには決して妥協しない」というのがフローラ社の基本理念です。

また、汚染されていない安全な原料というだけでなく、味や香りも大切にしており、原料段階、および完成品の抜き取り検査を行って、毎朝、複数メンバーでテイスティングをしています。品質管理責任者であるMs.サマー・シットは、

「原料のハーブは、季節や天候などによって、味も色も変わってきます。フロー・エッセンスは、その季節変化が、煎じたあとの仕上がりにも現れるので、まさに大地の贈り物だと実感します。また、ウドズ・オイルブレンドの場合は、搾りたてオイルのデリケートな風味をお届けすることに大変気を配っているので、製品の味には自信があります。」

と言います。

収穫したハーブは、製造にとりかかる直前に粉砕することで、エッセンシャル・オイルの酸化が進むことを極力抑えています。また、製品に使用した原料の一部は3年間保管しており、万が一の場合も責任をもって対処できる万全の体制が整っています。

グレイザー家が確信したハーブの力

フローラ社の代表であるトーマス・グレイザーの祖父は、ドイツで開業する医師でしたが、重度の体調不良に陥ったとき、ハーブによる浄化に救われました。この体験を機に、ドイツにおける代替療法のパイオニアとなり、グレイザー家は代々、健康に役立つハーブ製品を世に送り出すようになりました。
三代目のトーマス氏も祖父や父の意思を引継ぎ、カナダでフローラ社を率いるにいたりました。

「私はかつて医学を志していましたが、 対症療法の限界を悟り、その後、栄養学に転向しました。健康の基本はバランスのとれた食事と適度な運動、そして充分な睡眠です。
とりわけ、エネルギー源となる毎日の食事は重要で、たとえ、薬で病状が回復しても偏った食生活を改めなければ、また病気になります。8時間働き、8時間を自己の向上と楽しみのために過ごし、8時間の眠りに就くという時間配分のバランス。自然を愛し、敬虔な気持ちと感謝を忘れない調和のとれた心も健康を保つ秘訣です。」

「元をたどれば、今ある医薬品も、伝統的な民間療法をもとに開発されたものです。現代医学とともに開発されてきたそれらの歴史よりも、ハーブ療法の歴史の方がはるかに長いということに思いを馳せてみてください。」

「 かつて自然がもっと豊かだった中に人間が暮らしていた頃、人々は植物のもつ驚異的な生命力にあやかりたいと願いました。彼らは何代にもわたる経験と、野性的な勘から得た自然界の情報を代々、伝承してきました。ハーブもそのひとつです。それはまさに先人たちの知恵の結晶であり、自然から授かった薬なのです。
現代は、食品に添加物が混じり、水や空気は汚染され、動物性たんぱく質を必要以上に摂っています。こんな時代だからこそ、フローラ社はいっそう存在意義があると信じています。」

フローラ社の製品の原料はすべて徹底的にオーガニック。もし天候不順などにより、ベストの原料が入手できない場合は、その製品の生産を一時中止するほど、品質に関しては厳格で妥協をゆるさない姿勢を保っています。


あなたにピッタリのフローラ・ハウス社製品は?

カナダのフローラ社、ドイツのサルス社が開発し、フローラ・ハウス社が日本に紹介する各製品の目的や働きなどを、製品ごとに大まかな目安としてご紹介します。

フロー・エッセンス+
フローエッセンス+ 368名を対象としたアンケートで、89.9%の方が「今後も飲み続けたい」と回答しました。不要物をためこんだままでは、本来得るべきものが吸収されません。

心身を清らかにする、北米先住民伝承のハーブエッセンスです。

フロー・エッセンス+ >>

ウドス・オイルブレンド
ウドス・オイルブレンド 加熱しない食べるオイル。エキストラヴァージン・オリーブオイルと同じように使ってください。

健康維持に欠かせない必須脂肪酸のオメガ3と6を理想のバランスでブレンドしました。

ウドス・オイルブレンド >>

MSM
MSM 中から、外からMSM(有機イオン)の飲むMSMパウダーと塗るMSMパウダー。

歳のせいだとあきらめないで、階段の上り下りが平気になって、散歩も楽しめるようになりたいですね。

MSM >>

ビヨンド・グリーンズ
ビヨンド・グリーンズ 栄養学の世界的な権威、ウド・エラスムス博士が開発しました。野菜、ハーブ、穀類、種子、海藻をバランス良く配合した植物パウダーです。

ウド博士が選んだ約50種類の植物と90種類の栄養素が詰まっています。

ビヨンド・グリーンズ >>

ベジ・シリカ
ベジ・シリカ シリカの働きをしっかりと享受できる驚異のミネラルです。

「カルシウムが充分でも、シリカが不足していれば、健康体は維持できない。むしろカルシウム不足でもシリカがたっぷりあれば、丈夫でいられる」との研究発表が近年注目されています。

ベジ・シリカ >>

OPCグレープ+
OPCグレープ+ ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上の強力な還元力

フランスのボルドー大学名誉教授ジャック・マスケリエ博士が開発したOPC(オリゴメリック・プロアンソシアニジン)に、ビルベリー・エキスとクランベリー・パウダーを加えました。
※〈ブドウのタネ〉から抽出したOPCから〈ブドウまるごと〉から抽出したOPCに変わりました。

OPCグレープ+ >>

フローラディクス
フローラディクス ドイツの人々の厳しい目で選ばれている鉄分ドリンクです。

飲み方は簡単、フルーツジュースのようなおいしいドリンクを、朝夕の空腹時に適量ずつ飲んでいただくだけです。

フローラディクス >>

マルチビタミン
マルチビタミン 液体だから基本のビタミンがすばやく吸収されます。

「マルチビタミン」は液状なので、口に含んだ瞬間から吸収が始まるため、錠剤のビタミン剤に比べて約5倍も吸収率が高いのが特徴です。

マルチビタミン >>


ご注文はこちらから