大潟村の有機JAS認証取得米『井手さんのお米』

秋田県大潟村の八郎湖を干拓した自然農場で育った元氣いっぱいの有機JAS米

元氣なお米をつくっています!

生き物のつながりがお米を育てます。
稲を育てるのは人間だけではありません。

井手さんのお米
井手さんのお米:田んぼにはドジョウやタニシ、カエル、バッタなど
井手さんのお米:アイガモ農法

いろいろな生き物が、連鎖しあって土を耕したり栄養になったりしています。だから多くの生き物をはぐくむ農地にすることがだいじです。

粋き活き農場では、アイガモも飼っています。アイガモは、害虫や雑草を食べてくれます。アイガモ農法はパーマカルチャーの祖、ビル・モリソン氏も絶賛しています。

アイガモが田んぼのお手伝いをするのは、6月1日から7月20日まで。インフルエンザがまったく心配ない時期です。でも、消費者の方々の不安を取り除くため、今後はアイガモは10分の1以下にし、新型除草機を使うことにしました。


お米をご注文のお客さまへ

お米は生ものです。高温多湿を避け、冷暗所に置いてください。一般的に、白米は1ヶ月、玄米は2ヶ月を目安に食べきることをおすすめします。

また、こちらで取扱っていますお米は農薬を使っておりません。
産地の方でも低温管理しておりますが、玄米にもともとついていた卵が孵化し虫などが発生いたします。 特に気温の高くなる時期は発生の可能性が高いです。 市販のお米などは農薬などの使用により虫が出るということは少なくなりましたので 驚かれるかと思いますが、お米自体にはなんら害はありません。 虫がつくことで安全性が確認できます。

有機JAS認証取得米「井手さんのお米」 のご注文はこちらから↓↓
全 6 件