トップページ > お米カタログ&お米の保管方法

厳選 お米カタログ&お米の保管方法

おいしいお米をまるごとご紹介。お米を美味しくいただくために、保管方法も要チェックです。


筋田さん作 遠賀のひかり環境こだわり おうみのひかり

★農薬・化学肥料を使わず、有機肥料も極力使わない無肥料自然栽培
★周囲はエコファーマー認定の田んぼ
★他とは違うパワーのある穀物の風味


筋田さん作 遠賀のひかり

5kg 3,980円〜

環境こだわり おうみのひかり環境こだわり おうみのひかり

★ミネラル豊富な特別栽培カルゲン米
★びわ湖を守る、滋賀県認証「環境こだわり農産物」
★生産者グループからの買い取りでお得な価格


環境こだわり おうみのひかり

5kg 2,980円〜

ばんばのお米高次元エネルギー米「ばんばのお米」

アポロ製品を利用した農法でハイレベルエネルギーを放出
★お米の生命力を第一にした特別栽培米
★石川県認証「エコ農産物」

高次元エネルギー米「ばんばのお米」

5kg 3,544円〜

大隈さんの玄米佐賀県白石町の岩永さんの自然栽培米

★九州佐賀県産 農業で社会貢献
★農薬・化学肥料不使用、佐賀県特別栽培農産物A認証
★玄米だけじゃない、農薬・肥料不使用で育てた大豆も


佐賀県吉野が里の大隈さんのお米

5kg 3,750円〜

有機JAS米「くまもとのひかり」佐賀県白石町の岩永さんの自然栽培米

★九州佐賀県産 地産地消と身土不二
★20年近く採りつないだ自家採種
★無肥料自然栽培、命を養う玄米


佐賀県白石町の岩永さんの自然栽培米

5kg 4,980円〜

佐賀県発、七島農産の元気なお米七島農産の元気なお米

★佐賀県 特別栽培農産物認証取得
★九州の米どころ 佐賀県三日月地区産
★農薬・化学肥料を使用せず栽培(一部、減農薬・減化学肥料)

佐賀県発、七島農産の元気なお米

5kg 2,780円〜

生命あふれる田んぼのお米生命あふれる田んぼのお米

★農薬・化学肥料不使用
★渡り鳥の飛来する生命溢れる田んぼ
★とにかくおいしい!毎年大好評の味わい


生命あふれる田んぼのお米

2kg 1,550円〜

井手さんのお米有機JAS認証取得米「井手さんのお米」

★有機JAS認証米
★モミから発芽させた玄米
★選りすぐりの土地と人が集まった農場

有機JAS認証取得米「井手さんのお米」

5kg 3,980円〜

めんこいお米ミヱ子ばあちゃんと孫っこワカナが育てた「めんこいお米」

★農薬・化学肥料不使用
★幻といわれる希少なササニシキ
★おばあちゃんと孫の愛情たっぷり

ミヱ子ばあちゃんと孫っこワカナが育てた「めんこいお米」

1kg 775円〜

羽鹿さんの黒米・玄米命を育む「羽鹿さんの黒米・玄米」

★農薬・化学肥料不使用
★昔ながらの天日乾燥
★人と想いが集まる羽鹿さんならではの田んぼ


命を育む「羽鹿さんのコシヒカリ玄米」

10kg 6,600円〜

お米の保管について

お米は生ものです。美味しくいただくために、保管方法にも注意しましょう。

※ここにあげる方法については、ご自身の判断でご利用ください。保管期間はあくまでも一般的な目安ですので、状況により違いがありますこと、ご理解いただけますようお願いいたします。

お米の保管の基本

お米は、高温多湿下や常温で長く保管されますと、虫が湧いたり、カビが生えたりする可能性があります。また、白米の場合は酸化しやすいので注意が必要です。特に台所やシンクの下など、高温多湿になる場所は避け、冷暗所に保管するようにしましょう。
生産者さんなどでは、お米を籾の状態のまま保管したり、低温貯蔵庫を利用したりして、長期間保管できるよう特別な対応をされています。しかし、一般に購入したお米をおいしく食べられる期間は、白米はおよそ1ヶ月(真夏や梅雨時は2〜3週間、冬は2〜3カ月が目安)、玄米は白米より1ヶ月ほど長いといわれています。暑い時期に部屋に置いておくことや、暖房の効いた部屋なども避けるようにしましょう。
お米の中に、鷹の爪、備長炭などを入れると虫の発生を抑えやすくなります。ニンニクも効果があるといわれますが、匂い移りをすることもありますので、ご注意ください。また、米びつなどの容れ物には、糠やゴミが残らないように綺麗に掃除しておくことも、予防になります。
シンクに下などに・・・ミラクリーン 安心シート>>

お米の酸化について

温度や水分が高くなると、お米の呼吸が活発になり、酵素が働いてでんぷんや脂肪を分解します。脂肪が分解された脂肪酸は酸化しやすく過酸化物となり、やがて臭気成分であるアルデヒドになります。これが古米臭といわれているものです。長く置いておくと、酵素の働きも失われ、お米の組織もかたくなり劣化します。炊いたときに酵素が働かないのででんぷんやたんぱく質が分解されず、うまみや甘みも出できません。
油分を多く含む糠の部分が酸化しやすいといわれており、精米すると糠の部分がむき出しになるため、精白米は特に酸化しやすいと言われています。玄米で購入し、食べる分だけ炊飯の直前に精米すると、一番新鮮にお召しあがりいただけます。
精米器ページ >>

冷蔵庫で保管する

お米は、冷蔵庫で密閉して保管すると、通常より1ヶ月ほど長持ちするといわれています。その場合、ペットボトル・タッパー・ジッパー付きビニール袋など、密閉できる容器に入れ替えましょう。コーヒーの瓶など、他の食品が入っていた容器を使う際は、匂い移りのしないものを選び、綺麗に洗って完全に乾かしてから使いましょう。温度が低すぎるとお米から水分が奪われ、過乾燥となり食味が低下しますので、冷凍庫での保管は避けてください。
エンバランス 食品鮮度保持シリーズ >>



無酸素状態で保管する

お米の酸化は、無酸素状態で保管することにより防ぐことができます。無酸素状態にするためには、脱酸素材を入れて密封するか、市販の真空パックなどを使います。小分けにして保管するとより便利です。無酸素状態で保管することにより、1年ほどはおいしさを保つことができるといわれます。ただし、玄米の場合は匂いが強くなることもありますのでご注意ください。

虫が発生してしまったら

お米に虫が発生した場合でも、対処方法を知っておけば安心です。ちなみにお米につく虫として一般的なのは、コクゾウムシ、ココクゾウムシのようなゾウムシの仲間と、ノシメマダラメイガ スジマダラメイガ、スジコナマダラメイガのような蛾の仲間がいます。前者は、幼虫のときは白くお米の中にいて分かりにくいのですが、成虫になると黒く発見されやすくなります。後者は、幼虫のときは茶褐色の頭と白い体をしており、成虫は茶色い体をしています。成虫になる際に繭を作るため、お米を糸でまとめて塊ができることがあります。これらの虫は、万が一炊飯時に紛れてしまっても、体に害はないといわれています。
お米についた虫は、お米を風通しの良い所で新聞紙に広げると逃げていきます。ただし、お米は日光に当てると劣化しますので、この点は注意が必要です。虫がいなくなった後、お米をザルに移し、ふるってゴミや糞を落としてよく洗います。最後に、虫食いや虫のついたお米は水に浮いてきますので、洗い流して選別しましょう。